データ7割、調教3割の土曜メイン予想~青葉賞~

競馬
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
自分の予想はデータ7割、調教3割ぐらいの基準で行っています。

今回は、4/27(土)に東京競馬場で行われる「青葉賞」の予想をしていきたいと思います。
今回、自分が付けた印と推奨理由は以下の通りです。

東京競馬場 青葉賞
サラ系3歳オープン 芝2400m

◎ 2枠3番 ランフォザローゼス ルメール騎手
最終追い切りは美浦南Wで55.0-39.9-13.1の仕上がり。
安定感と考えると、この馬が1番手だろう。
東京競馬場は新馬戦で勝利しているし、依然騎乗したマーフィ騎手は「2400以上で力を発揮するだろう」と言っていた。
ダービーに向けての切符を勝ち取りたいところ。

○ 8枠16番 サトノラディウス 三浦騎手
最終追い切りは美浦南Wで66.9-52.0-38.2-12.7の仕上がり。
大外枠に入ったのは残念だが、中団~後方での競馬で長い脚を使ってくるタイプなので、出遅れさえしなければ心配はいらないと思う。
前走の弥生賞は、馬場の状態が悪かったのもあると思う。
(今回も前日までの雨で、稍重ぐらいの可能性は高いが…)
三浦騎手とはコンビを組んだこともあるので期待したいところ。

▲ 1枠2番 リオンリオン 横山騎手
最終追い切りは栗東CWで82.2-66.3-52.2-39.4-13.0の仕上がり。
ハナを取るのはこの馬だろう。
内枠なので、スムーズに抜け出して競馬をできれば前残りの可能性も大いにあり得る。
上でも述べたように、馬場が稍重だったら2走して2着2回の経験があるこの馬には追い風になる可能性もある。

皆様の参考になればと思いブログを書いております。
今後の励みとして、ブログランキングやはてなブックマークにも協力して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク


競馬
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ