データ7割、調教3割の日曜メイン予想~サンスポ杯阪神牝馬ステークス~

スポンサーリンク
野球

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
自分の予想はデータ7割、調教3割ぐらいの基準で行っています。

今回は、4/6(土)に阪神競馬場で行われる「サンスポ杯阪神牝馬ステークス」の予想をしていきたいと思います。
今回、自分が付けた印と推奨理由は以下の通りです。

阪神競馬場 サンスポ杯阪神牝馬ステークス
サラ系4歳上オープン 芝1600m

◎ 3枠4番 ラッキーライラック 石橋騎手
最終追い切りは栗東坂路で51.5-37.0-24.0-12.1の仕上がり。
現在の目標はヴィクトリアマイルとなっているが、前走の休み明け中山記念でしっかりと走ることが出来たのは好材料。
そこで1回叩いた事で、今回もしっかりと良い状態で走ってヴィクトリアマイルへ進むプランが出来そうである。
調教の雰囲気も、前走の強豪を相手にした中山記念以上の出来に感じるし、阪神競馬場の1600mは得意とする舞台でもあるので、しっかりと印を打ちたい馬である。

○ 4枠5番 クロコスミア 岩田騎手
最終追い切りは栗東坂路で55.0-39.6-25.8-12.8の仕上がり。
前走の中山牝馬ステークスの+15kgはさすがに増えすぎていた印象。
斤量も55kgの中では最上位の6着ではあったが、勝ち馬との差は0.1と悪くはない。
ハナを狙いに行くのは、クロコスミア、ミッキーチャーム、ダイアナヘイローのどれかになるとは思うが、内枠寄りな為、スムーズに前目に着けることが出来れば、可能性はあると思う。
後は、前走で増えていた馬体重が、前走ひと叩きして、当日どうなっているかで決まる。

▲ 4枠6番 カンタービレ デムーロ騎手
最終追い切りは栗東CWで69.0-52.3-38.3-12.2の仕上がり。
休み明けで臨む1戦だが、調教自体はかなり良く動けている。
1800~2000mでは、上り3Fが33秒台の脚を使うことが出来ているのも魅力的で、距離短縮がプラスに向く馬だと思う。
後ろすぎると、差し切れない可能性もあるので、個人的には、中団やや前目で競馬を進めて欲しいと思う。

 

中山メインのニュージーランドTは、当日考えようと思いますが、今のところは◎メイショウショウブです。

スポンサーリンク


野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ