データ7割、調教3割の日曜メイン予想~桜花賞~

競馬
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
自分の予想はデータ7割、調教3割ぐらいの基準で行っています。

今回は、4/7(日)に阪神競馬場で行われる「桜花賞」の予想をしていきたいと思います。
今回、自分が付けた印と推奨理由は以下の通りです。

阪神競馬場 桜花賞
サラ系3歳オープン 芝1600m

◎ 2枠4番 クロノジェネシス 北村騎手
最終追い切りは栗東CWで86.4-69.8-54.1-40.3-11.9の仕上がり。
2走前の阪神ジュベナイルフィリーズでは、後方から上り最速の末脚で2着に食い込むと、前走のクイーンカップでは中団前目に着けて、差し切って勝利を収めるなど、競馬の幅が広がっている。
鞍上も先週の大阪杯でGI初制覇の北村騎手で、コースは違えど内ラチ沿いで競馬を進めてくれると信じている。
前走叩いた上積みをふまえて本命とさせていただきました。

○ 7枠15番 ダノンファンタジー 川田騎手
最終追い切りは栗東芝(稍重)で62.4-47.6-34.5-11.7仕上がり。
3連勝で三冠牝馬を狙う最有力候補。
クロノジェネシスの阪神ジュベナイルフィリーズを評価するのであれば、こちらの馬も同等に評価しておきたい。
前走のチューリップ賞も着差以上に強い競馬で勝利したと思うし、しっかりとひと叩きも出来たので、万全な状態で臨めると思う。
最終追い切りが芝なのは、少しだけ疑問が残ります。

▲ 7枠14番 ビーチサンバ 福永騎手
最終追い切りは栗東坂路で54.9-40.1-26.2-12.8の仕上がり。
上の2頭同様に、阪神ジュベナイルフィリーズを評価しなくてはいけないと思う。
前走のクイーンカップでは、今回本命に置いているクロノジェネシスとタイム差無しの2着。
末脚だったら、今メンバーでも1番のものを持っているのがこの馬だと思う。
ただし、後ろすぎると末脚でも届かない可能性があるので、中団~中団やや後ろあたりまでで勝負してほしい。

本日行われた阪神牝馬が、人気薄でも前目で競馬を進めた馬が掲示板に絡んでいるので、その辺にも注目したいのと馬体重も気にしなくてはいけないところである。
印を付けなかった馬で1発の可能性が一番高いのが、シゲルピンクダイヤである。

皆様の参考になればと思いブログを書いております。
今後の励みとして、ブログランキングやはてなブックマークにも協力して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク


競馬
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ