ドラフト結果をふまえた戦力分析~セリーグ編その1~

スポンサーリンク
野球
Baseball bat, ball and glove on green grass background

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
少し前の記事になりますが、セリーグ6球団のドラフト会議結果を考察していきました。
今回は、ドラフト結果をふまえた戦力分析をザックリと考察していきたいと思います。
オープン戦も始まってきましたので、その辺も加味していきたいと思います。

 

広島東洋カープ
兎にも角にも丸の穴を埋めることが出来るかどうかだけだと思う。
ドラフトで獲得した外野手は6位の正随のみであり、即戦力とはいかないので在籍メンバーになるだろう。
その中で筆頭候補は野間。
外野の3枠の内2枠は野間、鈴木で決まりであろう。
残るはレフトであるが、丸の人的補償で移籍してきた長野が最有力である。
今回のドラフトでは内野手の獲得が目立った広島の中で、ドラフト1位の小園は、同じポジションでは田中がレギュラーであり、奪う為には相当なアピールが必要になるだろう。
今回の小園獲得の背景には、田中の後釜ではなく、メジャー挑戦思考を持っている菊池の後釜と考えるものだと思う。
引退した新井の後釜は、松山や外国人で何とかなるでしょう。

 

東京ヤクルトスワローズ
野手に関しては、昨シーズンとほとんど変わらない布陣で挑んでくると思われる。
若手の中では先日、日本代表にも選出された村上に期待がかかる。
昨シーズンは2軍で成績を残し、1軍の初打席でホームランを放つ鮮烈な1軍デビューをしたものの、安打はその1本に終わってしまった。
キャンプとオープン戦の結果次第では、ドラフト2位の中山が代打要員として1軍に帯同する可能性はあると思う。
課題の投手陣。
エースの小川は防御率が2.75も8勝止まり。
ブキャナンは2桁勝利だが、防御率は4点台で負けが先行。
原や石川も結果を残せなかった。
中継ぎも抑えの石山以外は結果が残せなかった。
そんな中、オフにソフトバンクを戦力外になった寺原と五十嵐の獲得
この2人はまだまだ投げれると思う。(ソフトバンクだから戦力外の可能性高いし)
中継ぎで貢献していた秋吉をトレードに出して、日本ハムから高梨の獲得。
先発の柱候補も獲得することが出来た。
ドラフト勢でも1位の清水、3位の市川、5位の坂本、7位の久保の4人には1軍のチャンスも大いに期待できる。

 

讀賣ジャイアンツ
正直一番わからないチーム
丸の獲得は、陽が怪我をしたり、成績がイマイチだったからなのか。
炭谷獲得は何のためなのか。
若返り計画を行っていたはずが、岩隈の獲得。
橋本の金銭トレード(橋本的にはラッキーだったと思う)
これらの他にもいくつかあるけど、それは置いといて・・・・・
まずは投手陣
昨シーズンの成績と補強を考えると大体の予想は・・・・菅野、山口、ヤングマン、メルセデス、岩隈は当確だろう。
ここに田口、ドラフト1位の高橋が最後の1枠か岩隈が年間通してローテーションを守る事が出来なかった場合の要員として加わってくるだろう。(年齢的な休息って意味で)
続いては野手陣
FA組の契約がどうなのかはわからないが、丸は確定で間違いない。
陽も契約次第では確定であろう。
岡本は今シーズンから三塁手としてトレーニングをしていたので、外野の残り1枠は亀井、ゲレーロで争うだろう。
一番の問題が捕手である。
昨年初めは小林をメインでサポートに大城や宇佐美だったが、途中から小林の出場機会が激減した。
その中での炭谷の獲得。
炭谷は「出場機会が欲しい」と言っていたので、契約でもその辺りは考慮されているだろう。
そして、阿部の捕手復帰。
これによって、メイン炭谷でバックアップ小林、大城、宇佐美の中で2人、最後の砦と代打要員として阿部となるだろう。
補強によって在籍若手メンバーでも出場機会が厳しいチーム。
よほど結果を残さない限り、ルーキーメンバーは高橋以外は1軍は厳しいと思う。

スポンサーリンク


野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ