ドラフト結果をふまえた戦力分析~パリーグ編その1~

スポンサーリンク
プロ野球情報
Baseball bat, ball and glove on green grass background

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
前回の記事でパリーグ6球団のドラフト会議結果を考察していきました。
今回は、ドラフト結果をふまえた戦力分析をザックリと考察していきたいと思います。

 

埼玉西武ライオンズ
菊池雄星が抜けた先発の一角としてドラフト1位で松本を獲得できたのは戦力的に大成功。
右の先発は今井、多和田、十亀、松本になってくるだろう。
高木勇人とドラフト2位の渡辺にもローテーションを脅かす存在&良いライバル関係になって欲しい。
左は先日、炭谷の人的補償で加わった内海の活躍がチームに大きく左右されると思う。
内海の活躍次第では、菊池雄星が抜けた左の先発が榎田1人になってしまう現状を回避することができるであろう。
中継ぎ陣では、守護神である増田の復活が鍵を握る。
昨シーズンはワーストの防御率だった投手陣。
キャンプやオープン戦次第では先発、中継ぎの大幅なメンバーチェンジの可能性もあるので、若手やルーキーにもチャンスは十分に巡ってくるだろう。

野手に関しては、浅村と炭谷の穴をどの様な形で埋めるかが鍵となる。
炭谷の退団は、捕手陣の柱が抜けるのだからダメージはあるものの、森の成長が大きいためバックアップさえしっかり出来れば問題は無いと思う。
浅村の退団は・・・・最大の痛手である。
走攻守の3拍子揃ってる上に、キャプテンを務めていたリーダーシップの持ち主。
現在の最有力は外崎を外野からセカンドにコンバートする案である。
大学時代はセカンドでプレーをしていた経験もあり、昨シーズンまで外野を外崎と併用していた金子を起用することが出来る。
ドラフト3位の山野辺がどれだけ1軍で通用するかによって、野手起用の幅もさらに広がると思うし、浅村の穴は多少なりとも埋まってくるだろう。
それでも多少としか思えない浅村の存在は大きかった。

 

福岡ソフトバンクホークス
これといった補強も何もしていないので現状の戦力で行くであろう。
先発陣も豊富ながら、リリーフ陣の層が分厚い。
守護神にはサファテが戻ってくるだろう。
戻ってこれなくても、今シーズン守護神を務めた森唯斗がいる(サファテが戻ってきたらセットアッパーだろうけど)
その他にも、加治屋、石川、モイネロ、嘉弥真など強力なリリーバーが控えている。
想像しただけでも点を取るのが難しい豪華なリリーフ陣である。
(寺原と五十嵐が戦力外になったのも納得できる)
そんな中に加わってくるのがドラフト1位の甲斐野とドラフト2位の杉山だ。
先発、中継ぎのどちらでの起用になるかはわからないが、十分に1軍で通用するレベルのポテンシャルは持ち合わせている。

野手に関しては、松田と内川だろう。
内川は怪我が多く、松田は調子の波が激しい。
そんな中で和製大砲として獲得したのがドラフト3位の野村であると思う。
そして、近い将来のソフトバンクを引っ張る主力として、野村と昨年のドラフト3位増田の成長した姿が楽しみである。

 

北海道日本ハムファイターズ
昨シーズンのメンバーから考えて、先発候補が加藤、上沢、有原、上原、村田、マルティネスとなるだろう。
しかし、上沢、村田、マルティネス以外はパッとしない成績だった。
高梨をトレードでヤクルトに放出した理由が個人的にはわからないけど・・・・・
マルティネスも1度自由契約になったが、その後無事に再契約した選手。
2ケタ勝利で防御率も安定していたので、ローテーションには入ってくるだろうし、ファンにとってはホッとしたニュースであっただろう。
そして今回のドラフトで獲得したのが、ドラフト1位の吉田とドラフト3位の生田目である。
先発争いは、2人に加えてドラフト5位の柿木もキャンプ等の結果次第ではチャンスが巡ってくる可能性が高い。
中継ぎ陣は、高梨を放出してヤクルトから獲得した秋吉(心機一転して活躍できれば大きな戦力)や頭角を現した浦野、安定感抜群の宮西、公文、石川と揃っている。

野手はドラフト2位の野村、ドラフト4位の万波が起爆剤として、チームを勢い付けられるか。
両社ともまだまだ荒削りな面はあるものの、キャンプやオープン戦の結果次第では開幕1軍もあり得るポテンシャルは持っている。
投手野手共に、若い選手が多いチームなので、一度火が着いてしまえば成長力は計り知れない。

明日は、パリーグ残りの3球団について今回同様にザックリと戦力分析していきたいと思います。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地