ドラフト結果をふまえた戦力分析~パリーグ編その2~

スポンサーリンク
プロ野球情報
Baseball bat, ball and glove on green grass background

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
前回に引き続き、ドラフト結果をふまえた戦力分析をザックリと考察していきたいと思います。

オリックスバファローズ
このチームが埋めなくてはいけない点は、投打の両方となってしまった。
投手陣に関しては、先発の柱を担ってきた金子と西のW退団がチームにとっては大打撃である。
昨シーズン、安定した成績を残したアルバースはローテーション確定であり、ディクソンも問題は無いとは思うのだが、それ以外は白紙に近い感じ。
中継ぎ陣で頭角を現した山本が先発に挑戦するために調整はしているが、シーズンが始まってみない事にはわからない。
現状の候補としては、松葉と山岡が加わってくるだろうが、ドラフト3位の荒西とドラフト4位の富山はアピールしてローテーションを勝ち取るチャンスである。

野手に関しても、目立った成績を残したのは吉田のみの印象。
西野は練習中の怪我の影響で試合には出られなかったものの、規定打席に到達して結果を残すだけの実力はあると思う。
T-岡田の復活にも期待したい。
宗、福田など若い選手が多いだけに切磋琢磨して成長してほしいし、その中にドラフト1位の太田とドラフト7位の中川も加わり、チームとしての底上げを期待したい。

 

千葉ロッテマリーンズ
FAで丸の獲得を試みるも失敗しただけに、今回のドラフト会議で、チームのセンターライン強化としてドラフト1位で藤原を獲得することが出来たのは大成功。
先発投手は石川、涌井、ボルシンガーが中心となって組み立てていくと思う。
そこに有吉と二木が加わってくる構想だと思う。
佐々木の戦線復帰して活躍してくれる事も期待したいところ。
左腕が不足しているだけに、ドラフト3位の小島にも大いにチャンスは巡ってくるだろう。
中継ぎはドラフト2位の東妻が加わる事により、益田と松永の負担を軽減することができる。

野手に関しては、今シーズン3割を超える打率を残す選手は一人もいなかった。
中軸を担う角中と井上の前にどれだけランナーを出せるかが得点力の決め手となる。
来シーズンに向けては課題が山積みな野手陣だからこそ、井口監督も藤原には大きな期待を込めていと思う。
開幕戦で「1番 センター 藤原」はロッテファンならず、野球ファンの夢だろう。

 

東北楽天ゴールデンイーグルス
先発投手は岸、則元以外は横一線状態である。
辛島や美馬、塩見の復調と安樂と藤平の成長に期待したい。
ドラフト8位の鈴木も先発能力はあるので、ローテ争いに加わりたいところ。
中継ぎ陣では、守護神の松井の復調が勝利につながる鍵となる。
昨シーズンは前半戦が不調で結果が出ずに先発のマウンドへ。
先発も悪くないとは思うが、個人的には守護神の松井を見ていたい。
一番後ろが安定すれば、勝利の方程式も決めていきやすいので、復活を期待したい。

野手は、FAで浅村を獲得できたのが最大限の強みである。
打線の軸を決められるので組み立てやすいが、目立った成績を残した選手がいない。
その中でも、銀次や島内、田中は結果を残している方だと思うので、浅村の前後を担う事になるだろう。
浅村は・・・・4番なのかな?
個人的には3番浅村、4番ウィーラーが良いけど。
ドラフト1位の辰己もプロで通用する打撃センスは持ち合わせていると思うので、アピール次第では開幕スタメンも十分にあり得る。
開幕戦のスタメンに「1番 ライト 辰巳」を期待したい。

 

以上で、パリーグのザックリとした戦力分析が終了です。
セリーグ編が終わったら、個人的なメンバーを考察していきたいと思います。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ