プロ野球ドラフト会議考察~中日ドラゴンズ~

野球
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。 今回は2018年度プロ野球ドラフト会議におきまして、中日ドラゴンズが指名した選手を紹介していきたいと思います。

ドラフト1位 根尾 昂(大阪桐蔭)
今回のドラフト会議最大の目玉選手
2018年の夏の甲子園では、走攻守+投で光った選手である。
二刀流も期待されたものの、本人は「遊撃手1本」を直訴(個人的にも大賛成です)
広角に強い打球が打てるのが魅力的である。
ホームランのみではなく、しっかりと打率も残せる選手である為、活躍が期待される。
守備面でも高い身体能力でしっかりと堅実に行うことが出来る。
現在、遊撃手は京田が務めておりレギュラー争いは必須なので、将来的にはコンバートの可能性もあるが、遊撃手の定位置を奪い取って欲しいと思う。

ドラフト2位 梅津 晃大(東洋大)
最速153km/hの右腕
変化球はスライダー、カットボール、フォーク、カーブ
長身から投げ込まれるストレートは威力十分である。
全体的なバランスも良く、先発、中継ぎのどちらもこなすことが出来る。
個人的には中継ぎ・・・・ってよりか抑えでも良いんじゃないかと思う。
現段階でも十分に戦力として期待はできるが、まだまだ成長力を期待できる楽しみな選手である。

ドラフト3位 勝野 昌慶(三菱重工名古屋)
最速152km/hの右腕
変化球はスライダー、フォーク、カーブ
先発、中継ぎとどちらもこなす対応力を持っている即戦力。
コントロールにバラツキがあり四死球が多いのが課題ではある。
安打は打たれるものの、粘り強いピッチングで切り抜けていく力と強じんなメンタルは魅力的である。
四死球の数を減らすことが出来れば中継ぎとして十分に活躍できると思うが、個人的には先発で頑張ってもらいたい選手。

ドラフト4位 石橋 康太(関東一)
強肩強打が魅力的な捕手
二塁送球は1.9と強肩が魅力的。
体格もしっかりとしており、捕手としてのポテンシャルも秘めていると思う。
打撃面では長打を放つ事が出来る点は魅力的であるものの、外角の球にはやや苦手意識がある印象。
2軍で捕手としての能力アップと打撃面での成長を期待したい。

ドラフト5位 垣越 建伸(山梨学院)
最速146km/hの左腕
変化球はスライダー、カットボール、チェンジアップ、カーブ
中学時代には根尾と同じチームに所属しており、垣越→根尾の投手リレーも行われていた。
ゆったりとしたフォームからくり出されるストレートはスピードガン以上の速さを感じる。
夏の県予選では怪我の影響もあり、中継ぎとして4試合に登板。
15イニングで26奪三振(奪三振率15.6)と高い奪三振率を記録した。
2軍でしっかりと鍛えれば、貴重な左腕としてチームの勝利に貢献できる選手に成長するだろう。

ドラフト6位 滝野 要(大阪商業大)
走攻守にバランスのとれた外野手
大学時代に本塁打は無いものの、安定したアベレージと高い長打率を記録している。
線が細いものの、プロの世界に入れば必然と鍛えられて大きくなるだろう。
身体さえしっかりとしてくれば、リードオフマンとしての期待値は高いと思う。
まずは身体作りに力を入れて、1軍の舞台で暴れて欲しい。

この中で個人的に期待しているのは・・・・根尾 昂

次回は、阪神タイガース編を執筆していきます。

皆様の参考になればと思いブログを書いております。
今後の励みとして、ブログランキングやはてなブックマークにも協力して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク


野球
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ