プロ野球ドラフト会議考察~北海道日本ハムファイターズ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。 今回は2018年度プロ野球ドラフト会議におきまして、日本ハムファイターズが指名した選手を紹介していきたいと思います。

ドラフト1位 吉田 輝星 金足農業
2018年の夏の甲子園で、一躍注目を浴びることになったシンデレラボーイ
最速152km/hを誇る剛腕右腕
ノビのあるストレートにスプリット、スライダーを織り交ぜて三振を奪いに行く。
甲子園では多少甘いコースや高めの球でも、ストレートの勢いで抑えることが出来たが、プロでは打者に見切られてしまう可能性はあるものの、高めに外れたストレートは威力抜群なので、甘くならなければ投球の幅は広がると思う。
素材は良いものだけに、2軍で制球力と球のキレを磨いて1軍の舞台での投球を期待したい。

ドラフト2位 野村 佑希 花咲徳栄
内角もきっちりと捌く事の出来る選手。
プロでは外野として活躍が期待されると思う。
昨年の清宮幸太郎(日ハム)にも負けず劣らずのパワーを秘めている。
将来的には「右の野村、左の清宮」のコンビで札幌ドームに大きなホームランで共演する姿に期待したい。

ドラフト3位 生田目 翼 日本通運
最速155km/hを誇る本格派右腕
制球難に苦しむものの、2018年から武田久(元日ハム)がコーチとして加わり、アドバイスを受けたお陰で制球力も向上し、プロへの扉を切り開いた。
2年前は上位候補として名前が出てくるも指名漏れ。
今回にかける思いは強かったと思う。
1年目から先発として期待されていると思うので、開幕からローテーションの一角に加わってほしい。

ドラフト4位 万波 中正 横浜
身体能力は折り紙つきの外野手
攻守で素晴らしいものを持っているものの、調子の波が激しい一面もある。
まずは2軍で自慢の長打力を維持しつつ、プロの球に対応できるバットコントロールを身に付けていきたいところ。
ドラフト5位 柿木 蓮 大阪桐蔭
最速151km/hを誇る本格派右腕
夏の甲子園ではマウンドを根尾(中日ドラゴンズ)に譲る場面も多かったものの、フォークやカーブで投球を組み立てることが出来る。
制球力の面でも成長を感じることが出来るが、まだまだ甘い球が多いので、2軍でしっかりと投げ込んで、結果を残して1軍にあがって来てほしい。

ドラフト6位 田宮 裕涼 成田
二塁送球タイムは1.84秒の強肩捕手
広角に打ちわけることのできるバッティングも魅力がある。
岩舘スカウトも言う通り、まずは2軍で実績を積んで、将来正捕手になって欲しい選手

ドラフト7位 福田 俊 星槎道都大
最速148km/hを誇る右腕
体格は小柄だが、柔らかい腕の振りから、ノビのあるストレートを投げ込むことが出来る。 変化球はスライダーを軸に、カーブやチェンジアップで緩急をつける投球を組み立てる。 起用法は先発か中継ぎかわからないが、チャンスがあればローテーションの一角に加わってほしい。

先発陣は昨シーズン結果を出した上原、上沢、マルティネス、村田あたりは軸になってくると思う。 残りは大体2枠。 昨シーズン先発したものの、結果をなかなか残せなかったメンバーに加えて、吉田と生田目で争うことになりそうだと思う。
野手に関しては、野村は即戦力って印象ではないので、昨シーズンとさほど変わらないとは思うものの、キャンプとオープン戦次第では、野村にもチャンスは十分にあるだろう。

この中で個人的に期待しているのは・・・・生田目 翼

次回は、オリックスバファローズ編を執筆していきます。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地