プロ野球ドラフト会議考察~千葉ロッテマリーンズ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。 今回は2018年度プロ野球ドラフト会議におきまして、千葉ロッテマリーンズが指名した選手を紹介していきたいと思います。

ドラフト1位 藤原 恭大 大阪桐蔭
今回のドラフトの目玉の1人
走攻守全てが揃っている超高校級外野手。
長打も打てるし、センターから逆方向にもきっちりと打ち分ける事の出来るバッティングセンス。
大阪桐蔭では3年の時は4番を任されていたが、個人的には1番にいられると怖いバッター。
選球眼も良く、出塁率も中々の為・・・・
個人的に一番評価したいのは、「ベースランニングの上手さ」
トップスピードに持って行って、無駄の無い走塁をすることが出来てると思う。
プロでは、将来的には4番もあり得るが、やはり「1番センター藤原」をルーキーイヤーから見たい。
即戦力として十分に1軍に対応できる選手だと思う。

ドラフト2位 東妻 勇輔 日本体育大
最速155km/hの剛腕右腕
170cmと小柄ながら、重心を下げて鋭い腕の振りからくり出される球にはキレがある。
スライダー、スプリット、カーブ等で緩急をつけて打者を打ち取る。
タイプ的には先発よりも中継ぎタイプ。
スカウトも言っていたが、1年目からリリーフとしてフル回転して欲しい。
いずれは、ロッテの小さな守護神として活躍できる素質は持っていると思う。

ドラフト3位 小島 和哉 早大
柔らかい腕の振りから最速147km/hのストレートをくり出す左腕。
スライダー、チェンジアップ、カーブ等で打者のタイミングを外したり、カットボールで芯を外して打たせて取るタイプである。
高校時代に比べれば成長はしたが、まだまだ荒削りな部分が目立ってしまう。(変化球が高めからのボールが目立つ)
左右どちらの打者にも内角に強気のピッチングが出来る上に、コントロールは安定してきていると思う。
貴重な左腕として、先発ローテーションに食い込んでいって欲しい選手である。

ドラフト4位 山口 航輝 明桜
高校通算25本塁打の外野手
高校時代は投手として146km/hを投げていたが、怪我の影響もあり、プロへは野手として勝負する。
飛ばす力と左右に打ち分けるバットコントロールは光るものがある。
まずは、2軍で力をつけて、右の強打者として1軍の舞台での活躍を期待したい。

ドラフト5位 中村 稔弥 亜大
最速145km/hのツーシーマ―左腕
スライダー、スプリット、カーブ等で打者を打ち取る。
ツーシームの完成度は高く、先発も中継ぎも出来るタイプではあるが、活かされるのは重要な場面での中継ぎだと思う。
個人的にはセットアッパー中村、守護神東妻(ドラフト2位)は夢が膨らむ継投である。
即戦力として期待されており、首脳陣の信頼を掴み取り、絶対的なポジションに抜擢されることを楽しみにしている。

ドラフト6位 古谷 拓郎 習志野
最速146km/hの好素材型右腕
柔らかい腕の振りでスリークォーターから投げ込んでくる。
変化球はスライダー、カーブ、フォーク等
習志野高校の大先輩には福浦選手がいるのも心強い。
こちらも2軍で力をつけて、2~3年以内には1軍の舞台へ駆け上がっていってほしい。

ドラフト7位 松田 進 Honda
187cmの大型遊撃手
バッティングに関しては荒削りなものの、飛ばす力は秘めている。
大型ながら守備では軽いフットワークを見せている。
将来的には主軸としての活躍を期待したいが、まずは2軍でしっかりとプロの球に対応することが優先される。

ドラフト8位 土居 豪人 松山聖陵
191cmの長身から投げ下ろす最速148km/hが武器の右腕
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ等
長身だが線が細いので、2軍でしっかりと身体作りを行ってほしい。
身体が作れれば、150km/hも超える球を投げれると思うし、長身から投げ込むストレートは外国人を彷彿とさせるだろう。

昨シーズンの中継ぎ投手で安定した結果を残したのは、益田と松永ぐらい。
東妻、中村にも1年目から重要な場面で起用される可能性も十分にあると思う。
野手では、外野を固定することはできなかった。
藤原は結果を残せば、高卒ルーキーの開幕スタメンも見えてくる可能性があると思う。

この中で個人的に期待しているのは・・・・藤原 恭大

次回は、東北楽天ゴールデンイーグルス編を執筆していきます。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地