プロ野球ドラフト会議考察~埼玉西武ライオンズ~

野球
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
今回は2018年度プロ野球ドラフト会議におきまして、埼玉西武ライオンズが指名した選手を紹介していきたいと思います。

ドラフト1位 松本 航  日本体育大学
最速155kmを誇る本格派右腕
コンスタントに150km近い速球を投げ込み、カーブ、スライダー、スプリット等の多彩な変化球で三振の山を築く。
大学時代には日本代表にも選出され、経験は豊富。
完投能力も高く、メジャー移籍した菊池雄星の穴を埋める活躍を期待された即戦力。

ドラフト2位 渡邉 勇太朗  浦和学院高校
190cm 90kgと恵まれた体格の速球型右腕
投球フォームはエンゼルスの大谷翔平を真似していると言うだけの事はある。
夏の甲子園で最速149kmを記録。
腕の使い方も柔らかく、ストレートも指に掛かって良いノビのある球を投げ込む。

ドラフト3位 山野辺 翔  三菱自動車岡崎
170cmと小柄ながら、パンチ力のある内野手
左右に効果的に打つことが出来るバットコントロールも魅力的である。
走攻守で高い能力を秘めており、楽天に移籍した浅村の後釜として1年目から期待したい。

ドラフト4位 粟津 凱士 東日本国際大学
最速147kmの本格派右腕
スリークォーターから投げ込む変化量を変えられるシンカーが魅力的。
松本同様に、試合を作る事の出来る投手であるため、先発の一角に食い込んできてほしい。

ドラフト5位 牧野 翔矢  遊学館高校
高校通算15本塁打の左打ちの捕手
二塁送球が1.8秒台という強肩も魅力的。
炭谷が移籍となり、1軍の捕手も不足しているが、まずは2軍でしっかりとプロの球等を勉強して魅力的な肩と打撃を見せてもらいたい。

ドラフト6位 森脇 亮介   セガサミー
変化球はカーブ、シュート、スライダー、フォーク、カットボールと多彩で制球力もある右腕
体格は小柄だが力強いストレートを投げ込む。
広島2軍との練習試合でも、しっかりと結果を残した。
チームの状況的に中継ぎでの登板が期待されていると思う。

ドラフト7位 佐藤 龍世 富士大学
北京五輪スピードスケート チームパシュート金メダリストの佐藤綾乃をいとこに持つ。
力強いバッティングが持ち味の三塁手。
まずは2軍で実戦経験とプロの球に慣れ、中村剛也の後釜としてチームに貢献できるバッティングを期待している。

エースである菊池雄星がメジャー挑戦。
二塁手のレギュラーであった浅村栄斗は東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍 。
今回のドラフト会議の補強はこの二点だったと考えられる。
即戦力候補の松本、将来性豊かな渡邊の両先発候補を獲得できたのは大成功だと思う。
二塁手も浅村と比較してしまうと劣ってはしまうものの、山野辺を獲得したことにより、チーム内でも良い刺激合いが起こるだろう。

この中で個人的に期待しているのは・・・・・渡邉 勇太朗

次回は福岡ソフトバンク編を執筆していきたいと思いま す。

皆様の参考になればと思いブログを書いております。
今後の励みとして、ブログランキングやはてなブックマークにも協力して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク


野球
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ