プロ野球ドラフト会議考察~広島東洋カープ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。 今回は2018年度プロ野球ドラフト会議におきまして、広島東洋カープが指名した選手を紹介していきたいと思います。

ドラフト1位 小園 海斗(報徳学園)
走攻守3拍子揃った遊撃手
その中でも走塁に関しては、抜群の脚力を持っている。
ベースランニングの技術も高く、甲子園ではセンター前ヒットで2塁をもぎ取る走塁を見せつけてくれた。
カープの正遊撃手には田中が存在する為、球団側も次世代として期待はしているが、菊池が「メジャーに挑戦したい」と発言していたこともあり、展開は変わってくるかもしれない。(近い将来だけど)
キャンプで内野を複数守る事の出来る選手に成長すれば、1年目から定位置を奪うことが出来る可能性も見えてくる。

ドラフト2位 島内 颯太郎(九州共立大)
最速152km/hの右腕
変化球はフォーク、チェンジアップ、スライダー。
柔らかい腕の振りから投じられるストレートには威力がある。
先発能力も高いため、プロでも先発としての起用となるであろう。
個人的には、もう一つ緩急をつけられる様な球種(カーブとか)を覚えれば投球の幅が更に広がると思う。

ドラフト3位 林 晃汰(智弁和歌山)
鋭く力強いスイングが持ち味の三塁手
センターから逆方向にも力強い打球を放つことができる。
打球を飛ばす能力は筒香(DeNA)を彷彿とさせるような感じ。
定位置取りは厳しいが、開幕1軍をもぎ取って欲しい選手の1人である。

ドラフト4位 中神 拓都(市岐阜商)
小園同様に走攻守バランスの取れている遊撃手
高校通算46本塁打のパンチ力も魅力的である。
現状では2軍での育成になるだろうけど、内野を複数守れるように練習して、現在の「タナキク」のように小園と二遊間を将来的に組むことになったら、夢が広がる二遊間になる。

ドラフト5位 田中 法彦(菰野)
最速152km/hの右腕
小柄な身長からは想像できない様な力強いストレートを投げ込む。
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ。
先発としての能力もあるだろうけども、個人的にはリリーフに向いていると思う。
力強いストレートを活かすフォークかスプリットを取得することが出来れば、更に幅が広がっていくと思う。

ドラフト6位 正随 優弥(亜大)
右の中距離型外野手
飛ばす力はあるものの、バッティングにはまだまだ荒削りな部分が目立つ。
特に内外角の対応が出来てない印象。
まずは2軍で実績を積んでから、1軍の舞台に上がって来てほしい

ドラフト7位 羽月 隆太郎(神村学園)
小柄な俊足遊撃手
一塁到達タイムは3.9秒であり、内野に転がすことが出来れば厄介な選手である。
まだまだプロとしては線が細い為、2軍でしっかりと身体作りからスタートして欲しい。

この中で個人的に期待しているのは・・・・林 晃汰

次回は、東京ヤクルトスワローズ編を執筆していきます。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ