プロ野球ドラフト会議考察~東京ヤクルトスワローズ~

野球
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。 今回は2018年度プロ野球ドラフト会議におきまして、東京ヤクルトスワローズが指名した選手を紹介していきたいと思います。

ドラフト1位 清水 昇(国学院大)
最速151km/hの右腕
変化球はスライダー、ツーシーム、フォーク、カーブ。
ツーシームは山崎(DeNA)の直伝
制球が安定しないことがあるものの、四死球が少ないのが特徴。
背番号も「17」と良い番号も貰えたので、1年目から先発ローテーションとして活躍してほしい。

ドラフト2位 中山 翔太(法大)
強打が魅力の一塁手 or 外野手
荒々しいバッティングなものの、当たれば飛ばす力は秘めている。
プロの球を打ち損じることなくミートすることが出来れば、定位置獲得も見えてくる。
まずは2軍で実戦経験を積んで、プロの球に対応する力を身に付けて欲しい。

ドラフト3位 市川 悠太(明徳義塾)
最速149km/hの右腕
変化球はスライダー、スプリット、シュート、チェンジアップ、ツーシーム
スリークォーターからくり出されるストレートには威力がある。
マウンド度胸も据わっており、1年目からローテーションを脅かす存在になりうる。
明徳義塾高校の馬淵監督も認める明徳ナンバー1投手である。

ドラフト4位 濱田 太貴(明豊)
パンチ力を秘めた三塁手 or 外野手
高校通算45本塁打と長打力を秘めている。
高校生とは思えない程のヘッドスピードで本塁打を量産してきた。
まだまだ荒削りな部分は多いので、数年後には中軸を担う選手に成長することに期待したい。
まずは2軍でしっかりと力を身に付けて欲しい。

ドラフト5位 坂本 光士郎(新日鉄住金広畑)
最速148km/hの左腕
変化球はスライダー、カットボール、チェンジアップ、ツーシーム、カーブ
社会人では先発、中継ぎのどちらも経験があり、どちらで起用されるかはわからないが重宝される選手。
貴重な左腕として1年目からチームに貢献してほしい。

ドラフト6位 鈴木 裕太(日本文理)
最速153km/hの右腕
変化球はスライダー、スプリット、カーブ
コントロールにやや不安があるものの、ストレートの威力はある。
まずは2軍でしっかりと力を身に付けて、将来的に1軍のマウンドで躍動してほしい。

ドラフト7位 久保 拓眞(九州共立大)
最速143km/hの左腕
変化球はスライダー、カットボール、チェンジアップ、ツーシーム、カーブ
両サイドへと投げ込む投球が持ち味である。
坂本(ドラフト3位)と同様に、先発、中継ぎの両方をこなせるため、1年目から活躍したい選手である。

ドラフト8位 吉田 大成(明治安田生命)
守備力に定評のある遊撃手
守備の面に関しては、プロでも通用する守備範囲と送球が出来るのが魅力的。
打撃面に関しては、プロの世界ではまだまだ通用しないと思われる。
守備力を考慮されて1軍の守備固めとして帯同する可能性もあるが、個人的には2軍で打撃面を磨いて欲しい選手である。

この中で個人的に期待しているのは・・・・市川 悠太

次回は、讀賣ジャイアンツ編を執筆していきます。

皆様の参考になればと思いブログを書いております。
今後の励みとして、ブログランキングやはてなブックマークにも協力して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク


野球
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ