プロ野球ドラフト会議考察~東北楽天ゴールデンイーグルス~

野球
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。 今回は2018年度プロ野球ドラフト会議におきまして、東北楽天ゴールデンイーグルスが指名した選手を紹介していきたいと思います。

ドラフト1位 辰己 涼介 立命大
大学屈指の左のヒットメーカー
大学通算122安打は田口壮(オリックスコーチ)の記録に1本と迫る記録。
中距離タイプだが、鋭いヘッドスイングで柵越えする力も十分に持っている。
足も速いので外野の守備範囲も広い上に、遠投120mの強肩で1年目からレギュラーを狙える選手。
打順はどこでもこなせそうなタイプなので、即戦力としての活躍に期待したい。
個人的には1 or 3番が良いと思う。

ドラフト2位 太田 光 大阪商業大
漢字は爆笑問題の太田と同じだが「ひかり」ではなく「ひかる」
バッティングの面に関しては、そこまでの物は持ち合わせていない。
評価されるのは、キャッチャーとして大事な捕球と二塁へのスローイング技術。
2軍で配球等を学ぶと同時に、打撃面でも工場出来れば良いと思う。
将来的には、楽天の扇の要として光り輝いて欲しい。

ドラフト3位 引地 秀一郎 倉敷商
最速151km/hの大型剛腕右腕
変化球はスライダー、カーブ、フォーク等
制球にはバラツキがあり、荒削りな選手ではあるものの、ストレートには力があり、全体的に持っているポテンシャルは高い。
磨かれるには時間のかかりそうなタイプではあるが、2~3年で光り輝くダイヤモンドになって、ローテーションの一角に加わって欲しい。

ドラフト4位 弓削 隼人 SUBARU
最速149km/hの長身左腕
変化球はスライダー、カーブ、フォーク
長身からスリークォーターで投げ込んでくるのはランディ・ジョンソンを彷彿とさせる。
プロでは先発、中継ぎのどちらでの起用になるかわからないが、まずは2軍でしっかりと力を磨いて欲しい。

ドラフト5位 佐藤 智輝 山形中央
最速144km/hの左腕
変化球はスライダー、カーブ等
実力はプロの世界ではまだまだ不十分ではあるものの、好素材ではあるため、コーチ陣の手腕が問われる。

ドラフト6位 渡辺 佳明 明大
祖父は数々の名選手を育ててきた横浜高校元監督の渡辺元智氏
バットコントロールが持ち味の中距離型。
守備も内野ならどこでも守る事の出来るユーティリティープレーヤーなのは頼もしい。
シーズンを戦い抜く体作りをすれば、1軍で重宝される存在になるだろう。

ドラフト7位 小郷 裕哉 立正大
走攻守に優れた左の外野手
バッティングもシュアでありながら、パンチ力も秘めている。
広角に打ち分ける事の出来るバットコントロールも魅力的。
一塁到達も4.0秒でベースランニングも上手な為、近いうちに1番としてかき乱す存在になって欲しい。

ドラフト8位 鈴木 翔天 富士大
最速149km/hの左腕
変化球はスライダー、カーブ、フォーク等
3年の秋には八工大戦で15奪三振で完全試合を達成した。
柔らかい腕の振りから投げ込まれる速球にはノビが感じられる。
先発、中継ぎのどちらでも活躍できそうな存在だと思う。

投手陣で結果を残した先発陣は、岸と則本の2人
アピール次第では引地、弓削の2人にもチャンスが巡ってくる可能性は十分にある。
野手は、外野の3枠の内1つはルーキー含めて横一線状態。
結果次第では、辰己の開幕スタメンは十分にあり得る。

この中で個人的に期待しているのは・・・・渡辺 佳明

今回の記事でパリーグ6球団のドラフト考察は終了です。
次回はドラフトメンバーを含めた各球団ごとの戦力分析をザックリですが行って行きたいと思います。
しっかりとした個人的なメンバー構想は、セリーグ編を執筆した後に行っていきたいと思います。

皆様の参考になればと思いブログを書いております。
今後の励みとして、ブログランキングやはてなブックマークにも協力して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク


野球
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ