プロ野球ドラフト会議考察~横浜DeNAベイスターズ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。 今回は2018年度プロ野球ドラフト会議におきまして、横浜DeNAベイスターズが指名した選手を紹介していきたいと思います。

ドラフト1位 上茶谷 大河(東洋大)
最速152km/hの即戦力先発右腕
変化球はスライダー、カットボール、チェンジアップ、スプリット
投球時の球持ちが良く、ストレートにはノビがある。
制球力が良い為、与四死球率も低く安定感があり、先発として試合を作ることが出来る。
ここ最近のドラフト1位は即戦力として、開幕から先発ローテーションを任されている。
今永、濱口もルーキーイヤーから先発して結果を残し、昨年の東は2桁勝利で新人王に輝いた。
周囲からの期待度も高くなってくるだろう。
先発左腕大国の中で貴重な若手右腕の筆頭として、1年目から結果を出して欲しい。(2桁勝利&新人王期待)

ドラフト2位 伊藤 裕季也(立正大)
走攻守のバランスが取れた二塁手
本塁打を打てるパワーもあり、逆方向にも強い当たりを打つことが出来るバットコントロールも魅力的。
目標にしている井口(現ロッテ監督)に比べると守備と走塁面はやや劣るものの、打撃に関しては申し分ない。
昨シーズンは二塁手の固定が出来なかったので、アピール次第では定位置奪取も見えてくると思う。

ドラフト3位 大貫 晋一(新日鉄住金鹿島)
最速148km/hの右腕
変化球はスライダー、ツーシーム、スプリット
先発も出来るタイプではあるが、個人的には重要な中継ぎとして7 or 8回の1イニングを任せる方が力を発揮できると思う。
先発で起用していく方針であるならば、もう1つ緩急(チェンジアップかカーブ)をつける球が欲しいところ。

ドラフト4位 勝又 温史(日大鶴ケ丘)
最速152km/hの右腕
変化球はスライダー、カットボール、カーブ、フォーク
この選手をドラフト4位で獲得できたのはチームとして大きいと思う。
即戦力のレベルには到達していないものの、ストレートの球質や変化球の種類などポテンシャルは秘めている。
立ち上がりが不安定な傾向にあるため、まずは2軍でしっかりと実践を積んで立ち上がりの課題を克服し、1軍の先発ローテーションを脅かす存在になって欲しい。

ドラフト5位 益子 京右(青藍泰斗)
強肩が武器の捕手
二塁到達は最速1.72と強肩の持ち主。
捕手としてのポテンシャルは高いものを秘めている。
まずは2軍で配球等を学んで、正捕手争いに名乗りを上げたい。

ドラフト6位 知野 直人(新潟アルビレックスBC)
高い身体能力を持った遊撃手
守備面ではまだまだ荒削りな面があるものの、走塁に関しては十分な足を持っている。
2軍でプロの球と守備面の向上を目標に、将来的には大和の後釜として活躍してほしい

この中で個人的に期待しているのは・・・・上茶谷 大河

次回は、阪神タイガース編を執筆していきます。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ