プロ野球ドラフト会議考察~福岡ソフトバンクホークス~

野球
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
今回は2018年度プロ野球ドラフト会議におきまして、福岡ソフトバンクホークスが指名した選手を紹介していきたいと思います。

ドラフト1位 甲斐野 央 東洋大
最速159km/hの直球とフォークが武器の右腕
ストレートのスピンは一級品であり、ソフトバンクの分厚い救援陣を更に厚くするようなピースになると思う。
五十嵐、寺原とベテラン救援陣が抜けた来シーズンは即戦力として多くのマウンドに立つことが出来るであろう。

ドラフト2位 杉山 一樹 三菱重工広島
193cmから投じる最速153km/hの直球とスプリットが武器の右腕
森唯斗(ソフトバンク)を目標に1年目からフル回転を目指している。
甲斐野同様に救援陣に厚みを持たせることが出来ると思う。

ドラフト3位 野村 大樹 早稲田実
172cmと小柄ながら、それを感じさせないパワフルなスイングが持ち味の三塁手
早稲田実業では1年で4番を務めた(1つ先輩には清宮)
松田宣浩の後釜として、まずは2軍でアピールしたいところ。

ドラフト4位 板東 湧梧 JR東日本
最速148km/hの直球とフォーク、カットボールが持ち味の右腕
強気のピッチングで打者の懐にも投げ込んでくる。
フォークで空振りが取れ、カットで芯を外す投球ができる。
まずは2軍で実績を積んで、目標に掲げた「1年目で10勝」へと突き進んで欲しい。

ドラフト5位 水谷 瞬 石見智翠館
192cm 91kgと恵まれた体系の外野手
長打を打てるパワーと足が速いのも魅力的。
まずは2軍でじっくりと力を身に付けて欲しい。

ドラフト6位 泉 圭輔 金沢星稜大
最速147km/hの直球とスライダーが持ち味の右腕
細身から投げ下ろす角度のあるストレートが武田翔太(ソフトバンク)の様である。
こちらも即戦力というよりかは、まずは2軍で力を付けたいところ。

ドラフト7位 奥村 政稔 三菱日立パワーシステムズ
最速154km/hの直球とフォーク、シュートが持ち味の本格派右腕
シュートで右打者を詰まらせたり、フォークで空振りを奪う。
両サイドに思い切って投げ込むことのできるハートの持ち主である。

大きな戦力変化はないものの、昨シーズンは主力選手の好不調の波が激しかった印象。
投手陣は、昨シーズンまでリリーフ陣を支えていた寺原、五十嵐の両ベテランが退団したものの、安定した成績を残した選手が多いので心配はない。
個人的には甲斐野を加えて刺激し合ってほしい。
野手としては、ベテランの内川と松田の後釜だと思う。
特に松田の後釜だとは思うが、ここは和製大砲候補の野村に加わってほしいと思う。

この中で個人的に期待しているのは・・・・野村 大樹

次回は、日本ハムファイターズ編を執筆していきます。

皆様の参考になればと思いブログを書いております。
今後の励みとして、ブログランキングやはてなブックマークにも協力して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク


野球
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ