プロ野球ドラフト会議考察~讀賣ジャイアンツ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。 今回は2018年度プロ野球ドラフト会議におきまして、讀賣ジャイアンツが指名した選手を紹介していきたいと思います。

ドラフト1位 高橋 優貴(八戸学院大)
最速152km/hの即戦力先発左腕
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク
しなやかな腕の振りからくり出される最速152km/hのストレートは球速以上に感じる。
しっかりと指のかかったノビのある球なので、打席からは速く感じると思う。
主な投球の組み立ては、ストレートにスライダーとフォークで打者を打ち取る投球術。
奪三振率が高い即戦力左腕であり、昨シーズンは先発左腕の不振が目立った為、1年目から先発ローテーションをもぎ取る可能性は高い。

ドラフト2位 増田 陸(明秀学園日立)
中距離タイプの遊撃手
攻守のバランスが取れており、将来性豊かな選手である。
現在は坂本が不動のレギュラーではあるものの、年齢も30歳とベテランの領域に近づき、そろそろ後釜を考えなくてはいけない為の獲得だと思われる。
守備面では確実性に欠けるものの、積極性がある点は評価できる。
まずは1年間2軍でしっかりと自分自身を鍛え直して、2年目に坂本の定位置を脅かす存在になって欲しい。

ドラフト3位 直江 大輔(松商学園)
最速145km/hの右腕
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ
しなやかな投球フォームからくり出されるストレートは良いノビで球速以上の速さを感じる。
変化球としては、落ちる球(フォークかスプリット)の1つ覚えることで、投球の幅がさらに広がる。
まずはしっかりと2軍で力を身に付けるところから始めていきたい。

ドラフト4位 横川 凱(大阪桐蔭)
最速144km/hの左腕
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ
190cmの長身から投げ下ろすストレートは角度があるものの、制球に難がある。
1試合の四死球の割合も高いため改善が必要。
その他にも課題は多いものの体格は申し分ないので、しっかりと2軍で鍛え直し、貴重な左腕として1軍のマウンドでの姿を見たい。

ドラフト5位 松井 義弥(折尾愛真)
恵まれた体格の左のスラッガー
左打者のスラッガーで松井という事もあり、「九州のゴジラ」と呼ばれていた。
守備では三塁と外野が出来るため、プロ入り後はどちらで勝負するのかが注目。
荒削りな面も多いが本塁打を放つ力は持ち合わせているので、まずはしっかりと2軍で鍛えて力を身に付けて欲しい。

ドラフト6位 戸郷 翔征(聖心ウルスラ学園)
最速149km/hの右腕
変化球はスライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップ、スプリット
3年生時にU-18相手に5回1/3で2失点、9奪三振の成績
対戦相手には、ドラフト1位の藤原(ロッテ)や根尾(中日)から空振り三振を奪うなど存在感を示した。
制球には多少の甘さはあるものの、変化球も多く、ポテンシャルは秘めている。
プロ相手に対応することが出来れば、早い段階から戦力として活躍することが期待できる。

この中で個人的に期待しているのは・・・・高橋 優貴

次回は、横浜DeNAベイスターズ編を執筆していきます。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ