プロ野球ドラフト会議考察~阪神タイガース~

スポンサーリンク
プロ野球情報

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。 今回は2018年度プロ野球ドラフト会議におきまして、阪神タイガースが指名した選手を紹介していきたいと思います。

ドラフト1位 近本 光司(大阪ガス)
俊足巧打の左の外野手
一塁到達タイムは3.9前後であるため、平凡なゴロでもワンテンポ遅れてしまうと内野安打になってしまう俊足の持ち主。
かつての阪神のリードオフマンである赤星を彷彿とさせる。
スカウトの話によると、盗塁技術も向上してきているみたいなので、塁に出すと厄介な選手である。
外野手の高齢化と不在のリードオフマンの両方をカバー出来る期待の即戦力野手。
福留、糸井に休息日を与える現状の外野争いなので、十分に開幕戦から定位置を奪える可能性が十分にある選手である。

ドラフト2位 小幡 竜平(延岡学園)
走攻守にバランスのとれた遊撃手
甲子園にはセンバツで1試合しか出ていないものの、軽いフットワークで軽快にショートの守備をこなしていた。
打撃に関しては、個人的には身体の線が細いので、これからの成長に期待したい。
2軍で身体作りに励んで、鳥谷や北条との定位置争いに加わりたいところ。

ドラフト3位 木浪 聖也(Honda)
内野の複数ポジションを守れるユーティリティープレイヤー
打撃には多少の物足りなさはあるものの、守備に関しては重宝する選手。
内野のバックアップ選手として早い段階から1軍にあがる可能性はあるが、打撃の面を考えると2軍でしっかりと力を身に付けてから上がって欲しいと思う。

ドラフト4位 齋藤 友貴哉(Honda)
最速153km/hの右腕
変化球はスライダー、カーブ、スプリット、ツーシーム
恵まれた体格から投げ込まれるストレートに力はあるものの、制球に関してはやや甘さが残る。
一度崩れると立て直しが難しい選手である。
きっかけさえ掴む事さえ出来れば中継ぎとして十分に活躍してくれるだろう。
制球面も成長が必要だが、まずはメンタル面での成長が急務である。

ドラフト5位 川原 陸(創成館)
最速141km/hの左腕
変化球はスライダー、チェンジアップ、カーブ
春夏甲子園に出場した好素材選手。
身体をしっかりと作ることができれば、球速はまだまだ伸びる印象がある。
個人的に球速は145km/h以上でフォーク辺りを身に付ければ投球の幅はかなり広がると思う。

ドラフト6位 湯浅 京己(富山GRNサンダーバーズ)
最速151km/hの右腕
変化球はスライダー、カーブ、スプリット
高校卒業でBCリーグに挑戦した選手。
球に力はあるものの、制球難は否めない。
2軍で全体的な戦力アップが必要な選手。
先発か中継ぎかは、成長しての判断になるだろう。

この中で個人的に期待しているのは・・・・近本 光司

次回は、パリーグ同様にドラフト会議の結果をふまえたザックリとした戦力分析を執筆していきたいと思います。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ