2019年プロ野球戦力分析~オリックスバファローズ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。

今回はオリックスバファローズについての戦力分析を行って行きたいと思います。

参考にするのは、昨シーズンまでの成績や実績、オープン戦での調子を考慮しての予想となります。
一応、情報収集しているつもりですが、怪我等の影響は抜けがある可能性がありますので、ご指摘いただけると有難いです。

最後に野手陣のスタメン予想も記述しますが、オープン戦が始まったばかりですので、最終的には変わってくるかもしれません。
(先発投手6人、中継ぎ&抑え5人、各ポジション1人)
打順をふまえた最終的なスタメン予想は、シーズンが始まる直前に執筆していきたいと思います。

~先発投手~
先発の柱であった金子と西の退団をどの選手がカバーできるかである。
開幕投手が確定している山岡以外では、昨シーズンからの流れだと、松葉東明アルバースディクソン田嶋となるだろう。
昨シーズンの松葉は、調子が上がらず8試合の登板で防御率5点台と低迷した。
今シーズンは先発投手陣の大黒柱となって、チームを引っ張る活躍を期待したい。
そんな中、昨シーズン中継ぎとして大活躍した山本が先発に挑戦する。
将来的にはエース格として成長してほしい選手であるので、中継ぎで培った経験を活かして欲しい。
最初に述べた6人がしっかりとローテーションを守る事が出来れば、昨シーズン通りにセットアッパーとして勝利の方程式として使う事が出来る。

~中継ぎ&抑え~
ここでは、山本が先発での起用になった場合で考えていきます。
抑えは昨シーズン同様に増井で決まりだと思う。
近藤比嘉吉田の負担を軽減することが勝利へつながると思うので、澤田黒木の成長は好材料。
澤田はオープン戦でもしっかりと結果を残しているので、勝利の方程式に組み込まれる可能性も高い。
黒木は調子の波が激しかったので、安定すれば更なる成長が出来る。

~捕手&内野~
捕手の軸は若月だと思うが、高城と競い合って、お互い成長してほしい。
昨シーズンは守備位置が結構変わる事が多かったので、個人的な見解で行きたいと思います。
攻守の要になる存在として、2年目の福田をセカンドで起用したい。
新外国人のメネセスも期待したい。
オープン戦でも結果は出しているし、先日行われた日本代表戦でもメキシコ代表として出場し、日本の野球にもきっちりと対応していた。
マレーロも結果を出しており、打線に更なる厚みが増している。
遊撃手は守備面を考えると、安達が頭一つ抜けてはいるものの、オープン戦の打撃成績はイマイチ上がってこない。

~外野手&DH~
昨シーズン活躍の目立った小田はオープン戦でも結果を残して開幕スタメンをアピールしている。
昨シーズンはDHでの出場も多かった吉田も守備に就くことになるだろう。
かつてホームラン王のタイトルを獲得したT-岡田もオープン戦の調子は悪くないので、中軸を担う1人として復活を期待したい。
DHはメネセスかマレーロのどちらかになる可能性が高い。

先発投手
山岡、山本、東明、アルバース、ディクソン、田嶋

中継ぎ&抑え
増井、近藤、比嘉、吉田、澤田

野手
捕手 若月
一塁 メネセス
二塁 福田
三塁 頓宮
遊撃 安達
左翼 T-岡田
中堅 小田
右翼 吉田
DH マレーロ

上記のメンバーで、個人的に打順を組むとしたら以下のとおりである。

1番 小田
2番 安達
3番 メネセス
4番 吉田
5番 マレーロ
6番 T-岡田
7番 福田
8番 頓宮
9番 若月

打線が噛み合えば、破壊力は高いメンバー。
メネセスがしっかりと日本の野球に対応できているのがチームにとっては大きいし、打線を組みやすいと思う。
遊撃手は安達の体調で大城との併用で行くだろうが、メインは安達だと思う。
ルーキーの頓宮も安打を放って結果を残してはいるが、非常に三振が多い選手。
プロの球に慣れるまでは大変だとは思うが、四死球を選んで出塁率を上げることが出来れば、中軸として起用してみたい選手である。

 

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地