2019年プロ野球戦力分析~埼玉西武ライオンズ~

野球
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
3月に入り、プロ野球でも今シーズンに向けてオープン戦が始まってきました。

今回の記事より、各球団の戦力について個人的に考えていきたいと思います。
参考にするのは、昨シーズンまでの成績や実績、オープン戦での調子を考慮しての予想となります。
一応、情報収集しているつもりですが、怪我等の影響は抜けがある可能性がありますので、ご指摘いただけると有難いです。

最後に野手陣のスタメン予想も記述しますが、オープン戦が始まったばかりですので、最終的には変わってくるかもしれません。
(先発投手6人、中継ぎ&抑え5人、各ポジション1人)
打順をふまえた最終的なスタメン予想は、シーズンが始まる直前に執筆していきたいと思います。

~先発投手~
昨シーズンは2桁勝利が菊池多和田榎田と3人いたが、菊池のメジャー挑戦で先発投手陣の大黒柱を失った。
榎田も左肩の張りで離脱。
現在実戦復帰は白紙予定なので、開幕には間に合わない可能性は高い。
昨シーズンはリーグ優勝したものの、防御率は最下位。
若手も先発して勝利はしているが、防御率4点台と野手陣頼りの成績だった。
そこで期待を寄せるのは、炭谷の人的補償で巨人から加入した内海である。
昨シーズンは完封勝利を含む5勝で復活の兆しを見せた。
(追記:内海は肉離れにより1軍を離脱。開幕までに間に合うか微妙ではあるが、調整不足は確実なため、開幕ローテーションは厳しい状況である。)
ルーキーではドラフト1位の松本も即戦力として開幕ローテーションに期待が寄せられる。
若手では今井髙橋光の2人にルーキーの渡邊を加えて争ってほしい。
中堅では高木十亀が中心となってくるであろう。

~中継ぎ&抑え~
昨シーズン安定した成績を残したヒースマーティンは勝利の方程式の一角として確定であろう。
日本人では、昨シーズンフル回転した野田平井に期待を寄せる。
増田は序盤は抑えを任されていたが、5点台の防御率と精彩を欠いた。
今シーズンは復調してブルペンを支えたいところ。
先発陣が安定した場合には、昨シーズンも途中から中継ぎに加わったカスティーヨも回す事が出来る。

~捕手&内野~
大体のポジションは決まっているが、FAで移籍した炭谷と浅村の穴をどのように埋めるかがポイントとなる。
捕手は昨シーズン同様にを中心に起用するだろう。
問題は、浅村の穴をカバーできるかどうかである。
キャンプ、オープン戦では学生の頃にセカンドの経験がある外崎が外野からコンバートして、ルーキーの山野辺とポジションを争っている。
山野辺で固定する事が出来れば、外崎を外野手として起用することが出来る。

~外野手&DH~
山野辺を二塁手として起用できた場合のプランで考えていきたいと思います。
走攻守において秋山は中心選手になるので、定位置は確定。
走力、守備力を考慮して金子侑も定位置獲得に一歩リードしている。
残る1枠だが、先程も述べたように山野辺がセカンドで落ち着けば、外崎を昨シーズン同様に外野で起用できる。
外崎がセカンドになった場合には、DH候補の栗山をレフトで起用する形になるだろう。
DHは、栗山かメヒアのどちらかの2択しかないと思っている。
栗山を外野で起用する場合はメヒア。
外崎を外野で起用する場合は、相手投手の左右で栗山とメヒアを使い分けるか、調子の良い方を起用する形になるだろう。

 

先発投手
多和田、内海、松本、郭、今井、十亀

中継ぎ&抑え
ヒース、マーティン、野田、平井、増田

野手
捕手 森
一塁 山川
二塁 山野辺
三塁 中村
遊撃 源田
左翼 外崎
中堅 秋山
右翼 金子侑
DH 栗山

上記のメンバーで、個人的に打順を組むとしたら以下のとおりである。

1番 秋山
2番 源田
3番 栗山
4番 山川
5番 外崎
6番 森
7番 中村
8番 山野辺
9番 金子侑

イメージとしては、秋山と源田でチャンスメイクして栗山、山川で得点。
外崎と森でチャンスメイクして中村で得点。
山野辺と金子でチャンスメイクして秋山で得点。
この様なサイクルが出来れば、得点力は昨年同様になると思う。

先発陣では榎田が復帰したら加わって来るのは確実。
野手陣では昨シーズンとほぼ変わりはない感じ。
秋山のメジャー挑戦志望や中村の後釜として、若手の奮起と成長に期待したい。

(3/13追記)
先発候補陣が怪我等の影響で戦線離脱しているのが心配である。

皆様の参考になればと思いブログを書いております。
今後の励みとして、ブログランキングやはてなブックマークにも協力して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク


野球
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ