2019年プロ野球戦力分析~広島東洋カープ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。

今回は広島東洋カープについての戦力分析を行って行きたいと思います。

参考にするのは、昨シーズンまでの成績や実績、オープン戦での調子を考慮しての予想となります。
一応、情報収集しているつもりですが、怪我等の影響は抜けがある可能性がありますので、ご指摘いただけると有難いです。

最後に野手陣のスタメン予想も記述しますが、オープン戦が始まったばかりですので、最終的には変わってくるかもしれません。
(先発投手6人、中継ぎ&抑え5人、各ポジション1人)
打順をふまえた最終的なスタメン予想は、シーズンが始まる直前に執筆していきたいと思います。

~先発投手~
昨シーズンの結果から考慮して、大瀬良野村ジョンソン岡田の4人は確定だろう。
残る2枠として、昨シーズンは術後明けでリハビリ後に2軍で調整をしっかりとできた床田に注目したい。
オープン戦では3試合に登板して12回を2失点と復活に向けて順調なアピールを続けている。
高い奪三振率も魅力的な左腕なので、先発ローテーションに加わってほしいところである。
もう1人は、昨シーズンも先発ローテーションに加わっていた九里である。
昨年は8勝4敗と勝ち越したものの、防御率は4点台とピリッとしなかった。
今シーズンは安定した防御率でチームの柱の1人として貢献したいところである。

~中継ぎ&抑え~
抑えは、オープン戦でも3試合に登板し3回無失点と順調な調整をアピールしている中崎になるだろう。
一岡今村フランスアの3人が中継ぎ陣の中心となるだろう。
昨シーズン急成長したアドゥワも期待したいのだが、オープン戦での登板が無いので状況がわからない。
(情報収集不足だったらすいません)
オープン戦で一番気になったのは、ルーキーの島内である。
3試合に登板して4回無失点の好投でアピールをしている。
このまま結果を残して、開幕1軍入りを目指してほしい。
結果次第では、重要な場面での起用もありえるかもしれない。

~捕手&内野~
捕手は昨年同様に會澤を主戦として起用してくるだろう。
オープン戦でも6試合で13打数10安打1本塁打7打点と絶好調をキープしている。
二遊間は「タナキク」の田中菊池になる可能性が高い。
しかしながら、昨年注目されたルーキーの1人でもある小園も好調な仕上がりでアピールしている。
14打数5安打で3割5分の結果を残している。
守備と足には定評があるので、見てみたい気持ちもあるが、タナキクの壁は高いのでどのような形で起用するのかが注目である。
一塁の候補としては、バティスタ松山の形になるだろう。
しかし、外野の調子が上がってこなければ、バティスタを左翼、松山を一塁の起用になる可能性も高い。
三塁は状態が上がってこないが、西川の起用が濃厚である。

~外野手&DH~
移籍した丸の穴をいかに埋める事が出来るかが大きな課題となる。
鈴木は主軸でもあるので外野の1枠は確定的。
残る2枠を野間堂林、丸のFA人的補償で移籍してきた長野で争うことになるだろう。
気がかりなのは、オープン戦では3人とも結果が出ていないことである。
堂林が2割ちょい。長野と野間は2割を切る状態であるので、これから誰が抜け出すのか、伏兵が出てくるのか分からない状況である。

先発投手
大瀬良、野村、ジョンソン、岡田、床田、九里

中継ぎ&抑え
中崎、一岡、今村、フランスア、島内

野手
捕手 會澤
一塁 バティスタ
二塁 菊池
三塁 西川
遊撃 田中
左翼 長野
中堅 野間
右翼 鈴木

上記のメンバーで、個人的に打順を組むとしたら以下のとおりである。

1番 田中
2番 菊池
3番 長野
4番 鈴木
5番 バティスタ
6番 野間
7番 西川
8番 會澤
9番 投手

丸が抜けた影響で攻撃力は大きく落ちた印象。
會澤以外は調子が上がってきていないので、開幕までにどこまで持ってこれるか。
右打ちが上手い長野を3番に起用することによって、1,2番の機動力が活きてくると思う。
絶好調の會澤の調子がシーズンに入っても維持できるかわからないが、野間と西川が塁に出てかき乱せば會澤にチャンスが巡ってきて得点も稼げるだろう。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ