2019年プロ野球戦力分析~讀賣ジャイアンツ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。

今回は讀賣ジャイアンツについての戦力分析を行って行きたいと思います。

参考にするのは、昨シーズンまでの成績や実績、オープン戦での調子を考慮しての予想となります。
一応、情報収集しているつもりですが、怪我等の影響は抜けがある可能性がありますので、ご指摘いただけると有難いです。

最後に野手陣のスタメン予想も記述しますが、オープン戦が始まったばかりですので、最終的には変わってくるかもしれません。
(先発投手6人、中継ぎ&抑え5人、各ポジション1人)
打順をふまえた最終的なスタメン予想は、シーズンが始まる直前に執筆していきたいと思います。

~先発投手~
日本を代表するエースの菅野は開幕投手も任されており、先発ローテーションから外れることは、怪我以外でありえない。
オープン戦では、良い時と悪い時の差が激しい感じに思える。
昨シーズンも、開幕直後は不振で思うような結果を出す事が出来なかったが、終わってみればしっかりと結果を残していたので心配はいらないだろう。
昨シーズン、ノーヒットノーランを達成した山口もほぼ確定だろう。
イースタンリーグでも8回無失点と上々の結果を残した。
ヤングマンはオープン戦には登板していないものの、イースタンリーグで5回2失点と投げていた。
メルセデスもオープン戦では思うような結果は出なかったが、イースタンリーグでは6回1失点(自責点0)と結果を残している。
残る2枠の争いだが、有力候補は澤村田口今村高橋が有力だと思われる。
澤村は先発に再転向し、イースタンリーグで6回1失点だが四死球が4つと課題が残る。
田口はオープン戦に1試合登板して3回1失点の結果。
長いイニング投げてないので、状態的にはどうなのかわからない。
今村は3試合に登板し10回4失点、畠は1試合に登板し6回3失点の結果。
ルーキーの高橋は2試合に登板して6回5失点(自責点3)となっている。

~中継ぎ&抑え~
オープン戦に登板したメンバーでは宮國吉川戸根坂本大江の5人がリードしている。
マシソンの復帰時期は未定なので、計算には入れにくい。
抑え候補の新外国人クックも、個人的に現状では抑えが務まるとは思えない状況である。
クックが機能しない場合には、抑えを誰に任せるかが課題となりそうである。

~捕手&内野~
捕手は小林炭谷のどちらかがメインになると思うが、FA移籍の場合は何かしらの条件を含んでの契約があるので一概には言えない。
炭谷は「出場機会が欲しい」と言っていたので、条件にも組み込んでいる可能性が高いからである。
遊撃手は、調子自体は上がってこないが、坂本が確定。
一塁と三塁は、岡本中島で務める可能性が最も高いと思われる。
二塁は、吉川尚田中が争うと思われるが、現状では吉川の方が若干リードしている。

~外野手&DH~
最大の補強は広島からFA移籍してきたである。
残りは両翼の2枠となる。
候補は、亀井石川ゲレーロの4人となるだろう。
亀井は25打数8安打で.320、石川は24打数9安打で.375と好調をキープしている。
打率は.250だが3本塁打のゲレーロも得点力としては起用していきたいところである。
陽も打率は.258だが、出塁率は.361と1割高く、チームに貢献している。

先発投手
菅野、山口、ヤングマン、メルセデス、澤村、高橋

中継ぎ&抑え
宮國、吉川、戸根、クック、大江

野手
捕手 炭谷
一塁 中島
二塁 吉川尚
三塁 岡本
遊撃 坂本
左翼 ゲレーロ
中堅 丸
右翼 亀井

上記のメンバーで、個人的に打順を組むとしたら以下のとおりである。

1番 吉川尚
2番 坂本
3番 丸
4番 岡本
5番 亀井
6番 ゲレーロ
7番 中島
8番 炭谷
9番 投手

打線が機能すれば、どこからでも点が取れるような打線。
坂本と丸は入れ替わる可能性もあるが、ジグザグにするとこの打順になる。
スタメンの年齢層も高いので、若い選手に頑張ってもらいたい気持ちもある。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地