2019年プロ野球戦力分析~阪神タイガース~

スポンサーリンク
プロ野球情報

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。

今回は阪神タイガースについての戦力分析を行って行きたいと思います。

参考にするのは、昨シーズンまでの成績や実績、オープン戦での調子を考慮しての予想となります。
一応、情報収集しているつもりですが、怪我等の影響は抜けがある可能性がありますので、ご指摘いただけると有難いです。

(先発投手6人、中継ぎ&抑え5人、各ポジション1人)

~先発投手~
オリックスからFAで移籍してきた西、今シーズンから日本人登録になるメッセンジャーが柱となってくれるだろう。
昨シーズンは調子の波が激しく、1軍と2軍を行ったり来たりしていた藤浪に安定感が戻ってくれば、頼りになる存在になる。
オープン戦で調子の良かった岩貞青柳の2人にも期待したい。
昨シーズン中日で13勝挙げたガルシアも加入したのは心強いばかりである。
っと書こうと思っていたのだが、球団側が1軍メンバー発表して、藤浪の代わりに浜地でしたので、それに従います。

~中継ぎ&抑え~
1軍登録は藤川桑原飯田馬場島本能見ジョンソンドリスとなった。
抑えは新外国人のジョンソンが務めるのではないかと思う。
個人的な勝利の方程式は、能見→ドリス→ジョンソンがベストだと思う。

~捕手&内野~
正捕手は実力的に梅野が務めるだろう。
遊撃手にはルーキーの木浪で確定だろう。
オープン戦の打撃が.373と申し分ない成績でリードオフマンとしての活躍を期待したい。
残りの内野陣は、オープン戦の結果だと思った以上の成績を残していないメンバーがほとんどなので、開幕してどれだけやることが出来るか…

~外野手~
オープン戦の結果を考慮して、近本糸井福留で決まりだろう。

先発投手
メッセンジャー、西、岩貞、青柳、ガルシア、浜地

中継ぎ&抑え
藤川、桑原、能見、ジョンソン、ドリス

野手
捕手 梅野
一塁 ナバーロ
二塁 糸原
三塁 大山
遊撃 木浪
左翼 福留
中堅 近本
右翼 糸井

上記のメンバーで、個人的に打順を組むとしたら以下のとおりである。

1番 木浪
2番 糸原
3番 糸井
4番 大山
5番 福留
6番 ナバーロ
7番 近本
8番 梅野
9番 投手

オープン戦の結果はさほど良くないので、開幕してからの打線がどのように機能するかを確認してみるしかない。
木浪、糸井、福留辺りが得点力アップの鍵となるだろう。

今回で、各チームの戦力分析は終わったのだが、ブログを開設したのが今年の2月からで、私用などもありバタバタしていた為、開幕ギリギリになってしまいました。
結果的に最後の方は、開幕ローテーションや1軍メンバーが発表されてしまい、自分で考える楽しみが少なくなってしまった為、内容が薄くなってしまっています。

来年の戦力分析では、早い段階からスタートして、色々と発表される前に執筆していこうと思います。

明後日3/29がいよいよプロ野球の開幕となります。
自分の応援チームの優勝の為に、精一杯応援していきましょう。

今後の野球に関しての記事は、その日のうちに全試合の考察を行っていく予定にしております。
(用事があって執筆できない日もあるかと思いますが…)
なるべくはオープン戦の記事のような方針で進めていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地