2019年2月23日(土) プロ野球オープン戦結果と考察

野球
Baseball bat, ball and glove on green grass background
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
2019年2月23日(土)のオープン戦の結果は以下の通りです。

横浜DeNAベイスターズ VS 中日ドラゴンズ
計 安
横 011 300 003  8 13
中 000 020 110  4  8

勝 バリオス(1勝0敗)
S 国吉(0勝0敗1S)

負 吉見(0勝1敗)

継投
横 バリオス-エスコバー-パットン-三上-飯塚-国吉
中 吉見-笠原-ロメロ-山井-ロドリゲス

本塁打
横 ソト(3回1号ソロ) 伊藤(4回1号3ラン) 神里(9回1号2ラン)
中 福田(7回1号ソロ)

2桁安打で勝った横浜。
ソト、伊藤、神里のホームランなどで、効率良く得点を重ねる事が出来た。
バリオス、エスコバー、パットンは無失点だったが、三上がピリッとしなかった。
中日は試合中盤から後半にランナーを出して塁を埋めるも、タイムリーは1本だけであり、犠牲フライで得点は重ねたものの、やや勿体無い感じであった。

 

阪神タイガース VS 東京ヤクルトスワローズ
計 安
神 200 000 010  3  7
ヤ 021 300 20x  8 13

勝 高梨(1勝0敗)

負 才木(0勝1敗)

継投
神 才木-飯田-伊藤-馬場
ヤ ブキャナン-高梨-近藤-石山-大下

本塁打
神 高山(9回1号ソロ)
ヤ 廣岡(4回1号2ラン) 荒木(7回1号2ラン)

勝ったヤクルトは6回以外は三者凡退では終わっていない。
タイムリー1本、ホームラン2本だが得点圏にランナーを進めた時は、きっちりとホームに返す展開に持ち込めた。
阪神は先制したものの、中盤はほぼ封じ込められた。
先発した才木は4回6失点と誤算で、先発ローテーション獲得のアピールに失敗した。

 

東北楽天ゴールデンイーグルス VS 讀賣ジャイアンツ
計 安
楽 021 002 001  6 10
巨 001 002 000  3 10

勝 森(1勝0敗)
S宋家豪 (0勝0敗1S)

負 菅野(0勝1敗)

継投
巨 菅野-野上-今村-坂本-吉川-鍬原
楽 森-石橋-濱矢-宋家豪

本塁打
巨 陽(6回1号ソロ)
楽 ブラッシュ(2回1号ソロ) 田中(3回1号ソロ)

長短打でしっかりと得点を重ねた楽天の勝利。
新外国人のブラッシュがホームランを含む3打数2安打1打点の活躍。
ルーキー捕手の太田も2安打とアピールした。
巨人は1,2,4回と先頭打者を出すものの、その後が凡退して得点を積み重ねる事が出来なかった。
投げては3年目の坂本が1回1/3を投げて2奪三振の好投でアピールした。

 

各試合の考察は、映像を観れてないのとオープン戦ですので、ざっくりとした感じになります。

皆様の参考になればと思いブログを書いております。
今後の励みとして、ブログランキングやはてなブックマークにも協力して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク


野球
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ