2019年3月20日(水)のオープン戦の結果と考察

野球
Baseball bat, ball and glove on green grass background

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
訳ありで、時間が空いてしまい申し訳ありませんでした。
本日から再開していきたいと思います。

2019年3月20日(水)のオープン戦の結果は以下の通りです。

千葉ロッテマリーンズ VS 埼玉西武ライオンズ

ロ 100 000 000 1 6安打
西 010 100 01x 3 10安打

勝 髙橋(2勝1敗)
S ヒース(0勝0敗1S)

負 ブランドン(0勝1敗)

継投
ロ ブランドン-東妻-高野-西野-松永
西 高橋-マーティン-ヒース

本塁打
ロ 加藤 1号(1回ソロ)
西 木村 1号(2回ソロ)

勝った西武の高橋は7回1失点と初回の本塁打による失点のみで抑えた。
四死球も1つと安定した結果であったので、シーズン開幕前にしっかりと実感を掴む事が出来たと思う。
野手では不調に陥っていた森も4打数2安打と復調の兆しを見せている。
外野のポジションを狙っている木村にも本塁打を含む4打数2安打でアピールを続けている。
一方で、主力の山川や中村、外崎の調子が上がってこないのが心配である。
シーズン開幕までにどこまで調子を取り戻せるか・・・
ロッテの先発したブランドンも日本では久しぶりの登板。
4回2失点と感触を確かめる感じだったと思う。
ルーキーの東妻もオープン戦でしっかりとアピールできているので、開幕1軍は濃厚だろう。
野手では、本塁打を放った加藤や3打数2安打の角中が好調をキープしているのは好材料である。

 

日本ハムファイターズ VS 讀賣ジャイアンツ

公 002 001 000 3 7安打
巨 400 000 20x 6 9安打

勝 畠(1勝0敗)
S 宮國(0勝0敗1S)

負 上原(0勝1敗)

継投
公 上原-中村-宮台
巨 畠-クック-田原-宮國

本塁打
公 杉谷 1号(6回ソロ)
巨 ゲレーロ 3号(1回満塁)

勝った巨人の先発した畠は6回3失点とまずまずな感じ。
四死球0は評価できるが、球数を抑えていきたいところである。
野手では、全体的に安打は出ているが、打率自体が高いわけではない。
主力の坂本と岡本は2割を切っているので、開幕までに調子を上げて来られるかが得点力の鍵となる。
一方で、日ハムの先発した上原は4回4失点と失点はしたものの、初回の満塁弾のみで抑える事が出来た。
結果としては満足のいく結果ではないが、先発ローテーションは任されるだろう。
野手陣は、王は日本の野球に慣れていない影響があるかもしれないので、まだまだこれからだと思う。
その他の主力級が3~4割近い打率を残しているので、打線が上手く噛み合えば、得点力は高くなるだろう。

 

阪神タイガース VS 東京ヤクルトスワローズ

神 503 100 100 10 12安打
ヤ 100 000 000   1 5安打

勝 青柳(2勝0敗)

負 星(0勝1敗)

継投
神 青柳-能見-桑原-ジョンソン-藤川
ヤ 星-中澤-大下-五十嵐-風張-マクガフ-梅野

本塁打
神  大山 3号(1回3ラン) 、ナバーロ 1号(1回ソロ) 、糸原 1号(1回ソロ) 、ナバーロ 2号(3回2ラン) 、梅野 1号(3回ソロ)

勝った阪神の先発した青柳は6回1失点(自責点0)と安定した結果。
先発ローテーションの枠を勝ち取ったと思う。
野手陣は、メンバーを見る限りではベストメンバーで臨んできたと思う。
ナバーロの2本塁打を含む5本の本塁打で快勝した。
開幕スタメン及び打順はこの試合の通りで組んでくるものだと思われる。
一方で敗れたヤクルトの先発した星は2回1/3で7失点と完全に先発争いから脱落した結果だけではなく、開幕1軍にも暗雲が立ち込めてくる結果となってしまった。
野手陣も、ベテランの青木が2安打は放ったものの、散発5安打で調子も上がってこない。
野手陣の調子が上がってくるまで、投手陣がどこまで踏ん張ることが出来るか次第で、開幕ダッシュが決まってしまいそうである。

 

広島東洋カープ VS 横浜DeNAベイスターズ

広 000 000 000 0 5安打
横 000 100 00x 1 8安打

勝 大貫(1勝0敗)
S 三嶋(0勝0敗1S)

負 床田(1勝1敗)

継投
広 床田-菊池-一岡-フランスア
横 大貫-エスコバー-笠井-パットン-三嶋

勝った横浜のルーキー大貫は5回無失点ではあるものの、4四死球が課題となった。
これで2試合で9回無失点ときっちりとアピールには成功しているので、開幕1軍入りはほぼ確定しただろう。
他の先発陣の状態次第では、開幕ローテーションもあり得る結果となった。
野手では、楠本が4打数3安打で打率も4割を超えるアベレージを残している。
昨シーズンの本塁打王であるソトを内外野のどちらで起用するかわからないが、筒香が確定している外野の残り2枠では1番手である。
一方で、敗れた広島の床田も5回1失点と先発ローテーション入りをほぼ確実にする結果となった。
野手陣は、田中と菊池が2安打と状態をキープしているが、3番が未だに決まらない状況である。
シーズン開幕までに決めておきたいと思われるが、全体的に調子が上がってきていない状況なので、開幕しての調子次第で入れ替わっていきそうな予感がする。

 

オリックスバファローズ VS 中日ドラゴンズ

オ 002 000 000 2 6安打
中 000 000 000 0 5安打

勝 山本(2勝0敗)
S 岩本(0勝0敗2S)

負 吉見(0勝3敗)

継投
オ 山本-澤田-増井-岩本
中 吉見-田島-ロドリゲス

勝ったオリックスの先発した山本は6回2/3を無失点と今シーズンから挑戦する先発でローテーションを確保する決定的な投球をできたと思う。
野手陣もメンバー交代がほぼ無い事から、開幕スタメンはおそらく今回のメンバーの並びで決まりであろう。
メネセスと吉田の調子が良いので、そこに上手くつなぐことが出来れば得点力は高くなるだろう。
一方で、敗れた中日の先発した吉見は7回2失点(自責点1)と確実に本来の姿に戻りつつある。
野手陣では、平田やビシエド、アルモンテが2割を切る打率で調子が上がってこない。
全体的に打率が低めなので、今回好投した吉見も負け投手になってしまったのは勿体無い。
シーズン開幕後は、このような展開を少なくしていきたいところである。

東北楽天ゴールデンイーグルス VS 福岡ソフトバンクホークス

楽 020 000 010 3 6安打
鷹 010 010 20x 4 8安打

勝 嘉弥真(1勝0敗)
S 森(0勝0敗2S)

負 森原(0勝1敗)

継投
楽 福井-高梨-宋家豪-森原-ブセニッツ
鷹 東浜-川原-加治屋-嘉弥真-モイネロ-森

本塁打
鷹 柳田2号(7回2ラン)

勝ったホークスの先発した東浜は4回2/3で2失点(自責点1)と調子自体は多少上向いてきた感じはする。
野手では、柳田が本塁打を含む3打数2安打3打点と本来の姿に戻りつつある状況なのは好材料である。
一方で、敗れた楽天の先発した福井も4回2/3で2失点と、前回の投球と結果の数字だけはほとんど変わらないが、四死球を4つも与えてしまったことは修正していかなくてはいけない部分である。
野手陣は、島内は好調をキープしているが、残りのメンバーが本来の調子を発揮できていない印象。
特に浅村は打率が2割を切るなど、期待されているだけに、シーズン開幕後にはどこまで調子を戻していくことが出来るかが鍵になりそうである。

皆様の参考になればと思いブログを書いております。
今後の励みとして、ブログランキングやはてなブックマークにも協力して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク


野球
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ