2019~2020年 プロ野球移籍情報局~オリックス・バファローズ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

2019~2020年の各球団の移籍情報についてまとめ及び補強ポイントについて考察していきたいと思います。

新たに情報が更新されましたら追記していきます。

今回は、オリックス・バファローズについて考察していきます。

 

退団選手一覧

選 手 名ポジション年 齢状 況
岸田  護投 手38引退→2軍投手コーチ
成瀬 善久投 手33戦力外
岩本  輝投 手26戦力外→引退
黒木 優太投 手25戦力外→育成で再契約
青山 大紀投 手24戦力外
山崎颯一郎投 手21戦力外→育成で再契約
塚原 頌平投 手27戦力外
高城 俊人捕 手26戦力外→DeNA
鈴木 昂平内野手28戦力外→野手コーチ補佐
岡崎 大輔内野手21戦力外→育成で再契約
宮崎 祐樹外野手32戦力外
エップラー投 手26自由契約
マレーロ内野手31自由契約
メネセス内野手27自由契約
ロメロ外野手31自由契約→楽天

 

一番大きな戦力ダウンは、3年間で通算303試合に出場し、302安打、打率.268、69本塁打、192打点の成績を残していたロメロだろう。

それ以外は、外国人助っ人含めても大きな戦力ダウンにつながる要素は現状では無いと思われる。

 

 

新加入選手一覧

 

選 手 名ポジション年 齢状 況
ヒギンス投 手28前パドレス
ロドリゲス内野手28前パドレス
ジョーンズ外野手34前ダイヤモンドバックス

 

何と言っても大注目なのは、バリバリのメジャーリーガーで、メジャー通算282本塁打を放っているジョーンズの加入である。

昨シーズンもダイヤモンドバックスで、137試合に出場し、打率.260、16本塁打、67打点をマークしている。

オールスターにも5回出場しているジョーンズの契約は、2年8.8億+出来高2.2億と高額な契約となっている。

日本の野球に対応する事が出来るかはやってみなくてはわからないが、大きな期待が寄せられているのは間違いない。

 

ヒギンスは、190cmの長身から投げ込むストレートが特徴的な大型右腕

マイナーリーグでは、リリーフとして264試合に登板し、18勝20敗15セーブ、防御率3.78の成績を残している。

制球力は高めな方だと思われるので、オリックスでもセットアッパー辺りでの起用されるのではないかと予想される。

 

ロドリゲスは、190cmの長打が期待される大型内野手。

マイナーリーグでは通算174本塁打を放っている。

2019年に初めて3Aに昇格して75試合で19本塁打を記録した。

ただし、守備に関しては・・・・課題が多い選手である。

 

 

~まとめ~

やはり注目されるのはジョーンズの存在である。

日本に対応できるかどうか次第にはなってくるが、チームの主砲として豪快なホームランを見てみたいと思うのは野球ファンである証拠なのかもしれない。

戦力ダウンは少ない方なので、2020年シーズンの最下位からの巻き返しも十分に可能だろう。

 

 

次回のプロ野球移籍情報局は、讀賣ジャイアンツについて考えていきたいと思います。

ブログ内の広 告をクリックしていただけると、今後の励みになりますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地