プロ野球2019年ドラフト候補生 智弁和歌山高校 東妻純平

スポンサーリンク
ドラフト候補生情報

東妻純平

172cm74kg 右投げ右打ち

生年月日:2001年7月3日

出身:和歌山県

経歴:和歌山市立紀伊小学校→紀伊ボーイズ→智弁和歌山(甲)

 

兄は、2018年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから2順目で指名された東妻勇輔選手。

小学1年生の時に野球を開始。

中学校では紀伊ボーイズに所属して、3年生の時には全国大会に出場経験あり。

当時のポジションは、遊撃手である。

名門智弁和歌山高校に入学すると、遠投125mの自慢の強肩が目を引いて捕手にコンバートする。

1年生の夏には、和歌山大会の予選からベンチ入りをして甲子園出場。

1年生から名門智弁和歌山高校のベンチ入りメンバーに選ばれる事もあり、期待されていた。

秋には正捕手として1年生ながらチームを引っ張る扇の要を任され、和歌山大会優勝、近畿大会準優勝にチームを導いた。

2年生の春にはセンバツ高校野球にも出場し、チームの準優勝に大きく貢献した。

その後は3年生の夏の甲子園まで5季連続での甲子園出場を果たした。

 

172cmと小柄な体格ながら、力強いスイングでボールをスタンドまで運ぶ力のある選手。

それ以上に魅力的なのは、遠投125mの強肩である。

2塁送球タイムは最速1.80秒。

日本プロ野球の平均的な送球タイムは、1.95秒。

強肩で知られるソフトバンクホークスの甲斐選手の平均タイムが1.84秒となっております。

平均タイムとなると1.80秒より遅くなると思いますが、それでもプロ野球の平均タイムより早い送球なのは確かだと思います。

 

 

各球団の評価

千葉ロッテ

松本尚樹球団本部長

「リード、ブロッキング、打撃もパンチ力があり可能性を感じた。高校生の捕手ではNo.1。5季連続出場の経験から、周りを見てゲームをつくれている」

 

オリックス

古屋編成部副部長

「長打も打てるキャッチャーとしてはNo.1。 高校生キャッチャーが欲しい所は当然候補に入る。」

 

ヤクルト

橿渕聡スカウトグループデスク

「本塁打を打てたし、肩も強い。 魅力的な選手。 打つ方も力強い。 将来プロでレギュラーでいける選手。」

 

中日

米村チーフスカウト

「ランナーがいない時は一発を狙いますが、試合を左右するここぞの場面では必ずヒットを打つ勝負強さがあります。キャッチャーですが、内野手をできるセンスも持っています」

 

ソフトバンク

永井智浩編成育成本部長

「体は小さめだけど、打撃に力もあるし、動きも速い。ウチの(甲斐)拓也っぽいです」

 

巨人

長谷川スカウト部長

「走攻守がそろっている。ゲームの流れをよく読んでいる」

 

阪神

渡辺スカウト

「バッティングは体は小さいけどパンチ力があるのが魅力。守りでも、以前より流れが見えている感じ。ピッチャーの気持ちもうまくくみながら、バッテリーで試合を作れている」

 

まとめ

2019年のドラフト会議で上位指名が濃厚な選手の1人。

身体が小さいが、その分使い方が上手なのでスタンドまで運ぶ力を持っている。

近年の日本の野球では、足を絡めて相手を揺さぶる戦術を多く取り入れているので、盗塁阻止に重要な送球スピードは魅力的である。

スポンサーリンク


ドラフト候補生情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地