プロ野球2019年ドラフト候補生 津田学園高校 前佑囲斗

スポンサーリンク
ドラフト候補生情報


前佑囲斗

182cm 88kg 右投げ右打ち

生年月日:2001年8月13日

出身:三重県

経歴:関パワーキッズ→津ボーイズ→津田学園高校(甲)

 

小学校1年生時に、関パワーキッズで野球を開始する。

亀山市立亀山中学校では、津ボーイズに所属。

高校は、兄がいる津田学園高校へ進学し、1年生秋から背番号11ベンチ入りを果たす。

2年生夏には救援投手として好投するも、県予選初戦敗退。

秋季大会では、主力として三重大会で5試合中4試合先発に準優勝すると、続く東海大会でも全4試合に先発し準優勝に貢献した。

 

2019春の選抜出場は、初戦の龍谷大平安戦で延長11回を2失点に抑える好投を見せるも敗退してしまう。

夏の三重県大会でも準決勝まで無失点の好投で優勝に導き、チームは2期連続での甲子園出場を果たしました。

夏の甲子園では、初戦の静岡高校戦では9回1失点完投で勝利するも、2回戦の履正社戦で敗戦となる。

U-18日本代表に選出され臨んだワールドカップでは、安定した投球を披露。

初戦のスペイン戦ではリリーフで勝ち星を挙げている。

 

変化球の持ち球

スライダー・ツーシーム・カーブ・フォーク・カットボール

 

最速152km/hの本格派右腕投手。

特にスライダーの切れ味は抜群で、打者の手元で鋭角に曲がり、高確率で空振りを奪う事が出来る。

このスライダーを右打者だけではなく、左打者のボールゾーンからストライクに入る「フロントドア」を投げられるのも投球に幅が広がる強みとなっている。

全体的に制球もまとまっており、どのボールでもカウントが取る事が出来る。

 

 

各球団の評価

楽天

山田スカウト

「ボールの質、直球が素晴らしい。ベース上で伸び上がる球質。思わず打者が手を出してしまう。余力がある腕の振りで投げ込んでくるので、打者は対応が難しい。癖のないフォームで球速もまだまだ伸びる。将来はプロで先発ローテーションを担える投手」

 

阪神

球団関係者

「高校生離れしている。センバツの時より、よくなっている」

阪神

熊野スカウト

「春に比べて体が大きくなり、キレも良くなった」

 

日本ハム

山田スカウト顧問

「体重移動がスムーズだし、バランスのよいフォームで投げています。ストレートの最速は144~145キロ、平均すると140キロ前後ですが、フォームと素材がよいので、鍛え方次第で球速は5、6キロアップする可能性があります。先が非常に楽しみな投手だけに、ドラフト3位以内で指名されるかもしれません」

 

中日

近藤スカウト

「春先から見てきて、すごい投手だと思っていた。球速のわりに、真っすぐで空振りを取れるのが魅力。コントロールさえつけば、星稜・奥川と比較しても遜色ないと思う。伸びしろも十分にある」

米村チーフスカウト

「スピードもあったし、制球も良かった。変化球でストライクを取れるようになり、まとまってきた。センバツより良くなっている」

 

日本ハム

大渕スカウト部長

「ベースの上で威力が落ちないことが一番の魅力。ウチの吉田輝星と同じイメージの直球」

大渕スカウト部長

「スピード以上にベースの上で球の勢いがある」

 

オリックス

由田スカウト

「ストレートは角度があって、ベース上で伸びているように見える。昨年の吉田輝星(現日本ハム)のようなイメージがあります」

 

ソフトバンク

永井智浩編成育成本部長兼スカウト・育成部長

「投手らしい投手。伸びしろも感じるし、春より全然良かった」

 

巨人

谷川国利スカウト部長

「バランスが良い。変化球も、直球も、緩急をつけてストライクが取れる。得点圏に走者がいれば、ギアチェンジしてストライクが取れる。指先の感覚がいいのだろう。」

長谷川スカウト部長

「力を入れてもボールが暴れない」

 

ヤクルト

橿渕スカウトグループデスク

「 阪神・藤川球児投手のようなストレートの質。習得しようと努力してもできない分野です。」

 

まとめ

即戦力に近い好素材右腕。

体型的にも恵まれているので、ストレートに更なる磨きをかける事が出来れば、即戦力として活躍できると思う。

3~5順目で指名されることが予想される。

スポンサーリンク


ドラフト候補生情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地