プロ野球2019年ドラフト候補生 興南高校 宮城大弥

スポンサーリンク
ドラフト候補生情報

宮城大弥

172cm78kg 左投げ左打ち

生年月日:2001年8月25日

出身:沖縄県

経歴:志真志ドラゴンズ→宜野湾ポニーズ→興南高校(甲)

 

小学生の時に軟式野球を始め、中学3年生の時にはU-15日本代表に選ばれた。

興南高校進学後は、1年生の春からベンチ入りメンバーとして期待をされていた。

夏の沖縄大会では全6試合に登板し、防御率0.40の成績を残した。

チームは沖縄大会を優勝し、甲子園への切符を勝ち取った。

甲子園では、初戦の智弁和歌山戦に先発登板するも初戦敗退してしまう。

3年連続での甲子園出場はならなかったが、高い実力が評価され、U-18日本代表に選出される。

 

変化球の持ち球

スライダー・チェンジアップ・カーブ・シュート

最速149km/hの速球派左腕。

身長はそこまで高くはないが、一塁側に大きくインステップするフォームから常時140km/h台をマークするストレートには威力がある。

また、右打者のインコースにしっかりとストレートを投げ込む制球力も持っており、クロスファイヤーは大きな武器になります。

ストレートの回転数も菊池雄星と同等レベルなので、しっかりとコースに投げ込むことが出来れば、安打性の当たりは打たれにくいだろう。

スピードと変化にバリエーションのあるスライダー、ブレーキ抜群のカーブとチェンジアップなど変化球の質も高く、安定した投球をすることができます。

準優勝した2019年の沖縄大会では、6試合に登板し計46回を投げ、61奪三振を記録。

大リーグのカブスに所属するダルビッシュ有は自身のツイッターを更新し、高校野球の全国選手権沖縄大会決勝で229球を投げて敗れた宮城について、

「興南の宮城投手いいわぁ。投げ方、球筋、総合的に好きすぎる。俺あんなピッチャーになりたかったわぁ。」

と賛辞を贈った。

 

各球団の評価

巨人

長谷川スカウト部長

「打者に向かっていく姿勢がいい。田口の高校時代より馬力がある」

 

DeNA

稲嶺茂夫スカウト

「同じ高校生左腕として横浜高校の及川雅貴くんが注目されていますが、変化球のコントロールやストレートの精度を比較すれば、現状では宮城くんの方が上かもしれません。 もちろん、タイプはまったく真逆なのでスカウトの意見も分かれるとは思いますが…… (打者の)手元での強さ、そしてコントロール。 172センチ、78キロという体のサイズも含めて、東克樹に近い。 即戦力性も高いので、来年の今頃、プロのユニフォームを着て、試合で投げている姿がイメージしやすいんです」

 

西武

渡辺久信GM

「球は暴れなくなってきた。興南の宮城大と2人は左の上位候補」

「球のキレ、制球、リズムもいい。1年夏の甲子園で見てから順調に伸びている。上位候補の可能性はある」

 

ソフトバンク

永井本部長

「変化球でカウントを整えられるし、けん制も巧み。自滅する感じがしない」

 

オリックス

縞田拓弥アマスカウト

「コントロールがいいし、変化球の切れがある。高校生の中では高いレベルだと思う」

 

ロッテ

永野チーフスカウト

「高校生の左腕としては抜けている存在。胸の張りがスピードの秘密でしょう。これからもマークしていきますよ」

「投げる姿見られてよかった。力強さは変わらずいいですね」

 

まとめ

間違いなく上位で指名される選手の1人。

今年のドラフト会議の目玉である高校BIG4の左腕は及川のみだが、互角に争う事の出来る選手。

ダルビッシュも絶賛している通り、プロの世界でも通用する可能性の高い珠を既に投げ事ができているので、ルーキーイヤーから先発ローテーションに加わることの出来る可能性が高い選手である。

スポンサーリンク


ドラフト候補生情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地