プロ野球2019年ドラフト候補生 横浜高校 及川雅貴

スポンサーリンク
ドラフト候補生情報

及川雅貴

182cm74kg 左投げ左打ち

生年月日:2001年4月18日

出身:千葉県

経歴:須賀スポーツ少年団→千葉ロッテマリーンズjr→匝瑳リトルシニア→横浜高校(甲)

 

野球を始めたのは、小学校3年生。

地元のスポーツ少年団の軟式野球でした。

小学校6年生の時に、千葉ロッテマリーンズjrのセレクションに合格し入団しました。

中学入学後は、匝瑳リトルシニアで硬式野球へと転向しました。

中学校3年生の時には、身長も181㎝と高身長で、ストレートは138km/hまで球速を伸ばしたことから「スーパー中学生」と呼ばれて注目を浴びました。

U-15日本代表選手にも選出され、最優秀防御率賞を獲得し、世界大会準優勝とチームに大きく貢献しました。

 

大船渡・佐々木、星稜・奥川、創志学園・西と共に「高校BIG4」として注目されている選手の1人である。

 

長いリーチで長身細身から最速153km/hのストレートを投げ込む左腕。

横浜高校の先輩にあたる松坂大輔投手(現中日ドラゴンズ)の151km/h、藤平尚真投手(現楽天ゴールデンイーグルス)の152km/hを抜いて、横浜高校歴代No.1の球速となっております。

セットポジションからゆったりとした二段モーションで、上半身を傾けながら重心を下げるフォームから着地早めに左肘を柔らかく使った腕の振りから投げ込むのが特徴です。

常時130km/h後半から145km/h前後のストレートと、120km/h前後から130km/h前後でキレのある縦横スライダーが軸となります。

その他にカーブ、チェンジアップを投げますが、あまり投げる機会はありません。

ストレートとスライダーのフォームは見た目では判断しにくい程の高精度となっております。

及川がスライダーを磨き上げたのは、ストレートとフォームをほとんど同じにする意味も込めて磨き上げた努力の賜物です。

特に右打者の内角低め、左打者の外角低めにしっかり決まるスライダーは、プロでも対応は難しい球になる可能性は大いに秘めています。

プロ野球では、松井祐樹投手(現東北楽天ゴールデンイーグルス)に近いタイプの投手と考えて良いと思います。

 

変化球の持ち球

スライダー・チェンジアップ・カーブ

 

2019.08.28時点での各球団の評価

巨人

円谷スカウト

「ストレートもキレていた。順調に成長しているし、運動能力もあってセンスがある」

 

西武

渡辺久信GM

「球は暴れなくなってきた。興南の宮城大と2人は左の上位候補。センバツ以来だから、すごくよく見える。バランスよく投げられているし、スライダーもキレている。(菊池)雄星のように育って欲しい」

 

横浜

稲嶺スカウト

「今年、一番いいんじゃない。テンポもよく、成長が見られますね」

篠原スカウト

「最速は144キロと、初戦でまずまず」

 

中日

小山スカウト

「試合前のランニングから投げたい気持ちが伝わってきた。問題なく投げただけで十分」

 

ヤクルト

伊東編成部長

「先日も良かったし、今日も安定していた。一時期の不調を脱した感はある。暴れるような球もほとんどない。良い左投手はどのチームもほしい。非常に良い物を見させてもらいました」

 

阪神

吉野スカウト

「バランスはよくなっている。いろいろ試しながら、球数も投げて9回途中2失点は良かった。センバツと比べると、制球はだいぶまとまってきている。いろいろ考えながら投げているのも伝わる。セットポジションであれだけの球速が出るのは凄い」

 

中日

小山スカウト

「左右のぶれがなく、バランス良いフォームに戻った」

 

ロッテ

柳沼スカウト

「MAXは135キロだったけど、(雨で)足場も悪い中でよく投げた。緩急も使えてよかったと思います」

松本尚樹球団本部長

「プロでも、腕の長い左腕は減っている。左であれだけのボールを投げられる高校生はいない。菊池雄星投手の次を担う素材であるのではないでしょうか」

 

まとめ

即戦力が期待される注目の左腕。

BIG4の中でも左腕は及川だけであるので、貴重な速球派左腕は注目されるだろう。

現段階の変化球では、先発的には厳しい部分があると思うが、松井祐樹同様に1イニングのみならば想像以上の働きをしてくれるのではと期待している。

スポンサーリンク


ドラフト候補生情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地