2019年 プロ野球ドラフト会議 結果考察 ~横浜DeNAベイスターズ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

2019年10月17日に開催された「プロ野球ドラフト会議2019」のチーム別の結果考察と起用方法などについて考えて行きたいと思います。 (育成選手は紹介のみにさせていただきます)  

 

横浜DeNAベイスターズ

ドラフト1位 森 敬斗 桐蔭学園高校

175cm 75kg 右投げ左打ち 遊撃手

力強いスイングで振り抜き、鋭い打球を放つ走攻守三拍子揃った遊撃手。

U-18では木製バットへの高い対応力も見せていた。

最大の武器は50m5.8秒の俊足である。

守備面では多少の課題はあるものの、三遊間深い当たりを強肩を活かしてアウトにするなどの面は一級品である。

将来は横浜の内野陣を引っ張って行けるだけのポテンシャルを秘めている。

 

 

ドラフト2位 坂本 裕哉 立命館大学

179cm 75kg 左投げ左打ち 投手 最速148km/h

セットポジションから重心を下げ、インステップで肘を柔らかくを使った腕の振りで投げ込んでくる左腕。

変化球は、スライダーやカーブ、カットボール、チェンジアップを織り交ぜながら投球を組み立てて三振を奪う。

同チームに所属する東は大学の先輩であり、坂本にとってはとても心強い存在である。

 

 

ドラフト3位 伊勢 大夢  明治大学

181cm 83kg 右投げ右打ち 投手 最速151km/h

ノーワインドアップから重心を下げ、着地早めに肘を柔らかく使った腕の振りで投げ込む速球派右腕。

投球フォームもサイドハンドに近いスリークォーターと変則的。

変化球は、2種類のスライダーとシンカーだが、シュートして食い込んでくるストレートも持ち味の一つ。

先発、リリーフどちらでも対応可能と思われるが、球団はリリーフとして期待していると思う。

 

 

ドラフト4位 東妻 純平 智辯学園和歌山高校

172cm 74kg 右投げ右打ち 捕手

遠投125mの強肩を活かした送球が魅力な捕手。

二塁送球は1.9秒台を計測する。(最速1.84秒)

高校通算34発の打撃も魅力的で、ゲームメイクに優れた司令塔として期待される。

実兄は千葉ロッテマリーンズの東妻勇輔投手である。

 

 

ドラフト5位 田部 隼人  開星高校

186cm 83kg 右投げ右打ち 遊撃手

オープンスタンスで力強く振り切るスイングの右の強打者。

全体的には粗さがまだまだあるが、磨けば一級品になる可能性がある。

大型で身体能力も高く、プレースタイルから「メジャー級」と言われている。

 

 

ドラフト6位 蝦名 達夫   青森大学

184cm 87kg 右投げ右打ち 外野手

逆方向にも大きな打球を飛ばす事の出来る、北東北リーグでベストナインを4回受賞した好打者。

首位打者・打点王・本塁打王をそれぞれ1回づつ獲得しているのも魅力的である。

右打ちの外野手が少ない横浜なので、1年目からチャンスは大いにある。

 

 

ドラフト7位 浅田 将汰   有明高校

181cm 85kg 右投げ右打ち 投手 最速149km/h

ノーワインドアップからグラブを掲げて、重心を下げ、肘を柔らかく使った腕の振りから少し癖のあるフォームで投げ込む本格派右腕。

変化球は、スライダーやチェンジアップ、カーブを織り交ぜて投球を組み立てる。

U-18日本代表にも選ばれた選手で、この順位で指名できるとは思っていなかった。

 

 

個人的評価  

ドラフト1位の森は、守備面を強化すれば十分に1軍でも対応することが出来るのではないかと思う。

広島の小園選手の様な活躍に1年目から期待したい。

大学生の3人は即戦力候補として考えても良いだろう。

センターラインの強化、即戦力投手、将来性豊かな高校生としっかりと弱点を補うことの出来たドラフトだったと思う。

 

ブログ内のバナー応援していただけると、非常に嬉しいです。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地