2019年 プロ野球ドラフト会議 結果考察 ~広島東洋カープ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

2019年10月17日に開催された「プロ野球ドラフト会議2019」のチーム別の結果考察と起用方法などについて考えて行きたいと思います。  

(育成選手は紹介のみにさせていただきます)

 

広島東洋カープ

ドラフト1位 森下 暢仁  明治大学

180cm 73kg 右投げ右打ち 投手 最速154km/h

ノーワインドアップから、肘を柔らかく使った腕の振りから投げ下ろす最速154km/hのストレートには力がある。

今年のドラフト会議の中でも総合力No.1の投手である。

変化球はスライダーやカットボール、カーブ、チェンジアップだが、どの変化球も一級品のキレがある。

高校生時代から注目されていたが、今年の日米大学野球と全日本大学野球選手権ではMVPを獲得するなど更に注目される結果となった。

フィールディングも上手なので、即戦力として大いに期待が寄せられる。

 

 

ドラフト2位 宇草 孔基  法政大学

183cm 70kg 右投げ左打ち 外野手

一番の持ち味は俊足だが、意外とパンチ力も秘めているリードオフマン。

身体能力の高さではプロ顔負けの力を持っている。

一塁到達タイムは3.8秒~4.0秒前後であり、相手の内野手にもプレッシャーをかける事が出来る。

打ち損じと送球に不安があるものの、それ以外の点では高いレベルの選手である。

 

 

ドラフト3位 鈴木 寛人  霞ケ浦高校

186cm 79kg 右投げ右打ち 投手 最速150km/h

セットポジションから重心を下げ、柔らかく肘を使って球質の良いストレートを角度をつけて投げ込める本格派右腕。

変化球はスライダーやカットボール、カーブ、チェンジアップ、フォークと多彩であり、中でもスライダーとフォークのキレは良い物がある。

将来性も見込まれているだろうが、上手く行けば早い段階で1軍デビューも十分にあり得る。

状態が良い時は美しいフォームで投球できるが、やや力むと崩れる傾向にある。

 

 

ドラフト4位 韮澤 雄也 花咲徳栄高校

177cm 80kg 右投げ左打ち 遊撃手

癖の少ないスイングで広角に打ち分ける、走攻守のバランスが取れた選手。

コンパクトにスイングするのが持ち味だが、意外とパンチ力も秘めている。

U-18日本代表にも選出され、一塁手として世界の舞台も経験した。

バランスが取れているものの、突出した部分が無いので、育成次第でどのように成長するかが楽しみである。

 

 

ドラフト5位 石原 貴規  天理大学

172cm 73kg 右投げ右打ち 捕手

冷静沈着なリードに定評のある強肩強打の捕手。

二塁送球タイムは1.9秒~2.0秒である。

今年に入って打撃が開花してドラフトでの評価も上がった。

 

 

ドラフト6位 玉村 昇悟   丹生高校

177cm 75kg 左投げ左打ち 投手 最速147km/h

ノーワインドアップから重心を下げ、柔らかく肘を使って球質の良いストレートを投げ込める左腕。

変化球はスライダーやカットボール、チェンジアップであり、基本的にはストレートとスライダーで三振の山を築き上げる。

制球力の高さにも定評がある。

 

 

育成ドラフト1位 持丸 泰輝  旭川大学高校

育成ドラフト2位 木下 元秀  敦賀気比高校

育成ドラフト2位 畝 章真  香川オリーブガイナーズ

 

  個人的評価

即戦力投手として森下を一本釣り出来た事はチームとしては大成功である。

丸の抜けた外野を固定できなかったので、リードオフマン候補の宇草で更なる競争争いにも期待したい。

3位以降は将来性を期待した選手を獲得に成功したバランスの良いドラフト会議だったと思う。

欲を言えば、二塁手候補を1人獲得しても良かったのではと思いました。

 

ブログ内のバナー応援していただけると、非常に嬉しいです。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地