2019年 プロ野球ドラフト会議 結果考察 ~讀賣ジャイアンツ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

2019年10月17日に開催された「プロ野球ドラフト会議2019」のチーム別の結果考察と起用方法などについて考えて行きたいと思います。 

(育成選手は紹介のみにさせていただきます)

 

讀賣ジャイアンツ

ドラフト1位 堀田 賢慎  青森山田高校

185cm 80kg 右投げ右打ち 投手 最速151km/h

ノーワインドアップで重心を下げ、早めに着地するフォームの完成度が高い右腕。

右肘を柔らかく使った腕の振りから投げ下ろすストレートには角度と威力があるので大きな武器になっている。

投球としては、スライダーとカーブを織り交ぜての組み立てとなる。

東北地方では佐々木朗希に次ぐ逸材と言われている投手である。

 

 

ドラフト2位 太田 龍  JR東日本

190cm 94kg 右投げ右打ち 投手 最速153km/h

セットポジションから始動し重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす豪快なフォームの大型右腕。

変化球は、スライダーやスプリット、チェンジアップ、カーブ、ツーシームと幅広く投げる事が出来る。

制球力はバラつきがあるが、威力のあるストレートを主体に、多彩な変化球を織り交ぜた投球を組み立てる。

 

 

ドラフト3位 菊田 拡和  常総学院高校

182cm 84kg 右投げ右打ち 三塁手・外野手

高校通算58発を誇る強打が魅力の右の大型スラッガー。

三塁手としてプレーしていたが、3年になって外野に転向した。

変化球への対応と守備が今後の課題になると思うが、パワーは高校生とは考えられないものを持っているので、将来の大砲候補として期待される。

 

 

ドラフト4位 井上 温大 前橋商業高校

174cm 72kg 左投げ左打ち 投手 最速144km/h

ワインドアップからバランスの取れた綺麗なフォームで投げ込む将来性の見込まれた左腕。

変化球は、スライダーやカーブ、カットボール、チェンジアップとなっている。

主にストレートとスライダーのコンビネーションで投球を組み立てる。

牽制やフィールディングなどのマウンド捌きも上手な選手なのも評価したい。

 

 

ドラフト5位 山瀬 慎之助  星稜高校

177cm 82kg 右投げ右打ち 捕手

名前の由来である阿部慎之助の引退した翌年に入団するのは、何かの縁があるのかもしれない。

地肩が強く、二塁送球は1.8秒を記録。

軌道の低いスローイングなのでポテンシャルの高さは高校生の中でもトップクラスの捕手と言っても間違いない。

 洞察力やリード、キャッチングに長けているのも評価のポイントである。

 

 

ドラフト6位 伊藤 海斗   酒田南高校

187cm 88kg 左投げ左打ち 外野手

力強いスイングで振り切り打球をはじき返す高校通算36発の長距離砲で、怪我を滅多にしない丈夫な身体が持ち味の選手。

あだ名は「アナコンダ」

 

 

育成ドラフト1位 平間 隼人  徳島インディゴソックス

育成ドラフト2位 加藤 壮太  埼玉武蔵ヒートベアーズ

 

個人的評価

ドラフト2位の太田以外(育成を除く)は、すべて高校生を指名するドラフトとなった。

今年もくじ引きの結果、奥川投手と宮川投手を外したが、即戦力ではなく将来性なども踏まえて堀田投手を1位で指名したのは個人的には評価したい。

2位の太田も即戦力として1軍でも投げられるだけの実力はあると思うが、どちらかと言えば素材型の印象である。

そのように考えると、今年の巨人は全体的に育成型の選手でまとめたと考えて良いだろう。

 

ブログ内のバナー応援していただけると、非常に嬉しいです。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地