2019年 プロ野球ドラフト会議 結果考察 ~オリックス・バファローズ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

2019年10月17日に開催された「プロ野球ドラフト会議2019」のチーム別の結果考察と起用方法などについて考えて行きたいと思います。 (育成選手は紹介のみにさせていただきます)  

 

オリックス・バファローズ

 

ドラフト1位 宮城 大弥 興南高校

172cm 78kg 左投げ左打ち 投手 最速149km/h

全体的な総合力、実践能力が共に高い本格派左腕。

ノーワインドアップでインステップしながら肘を柔らかく使って投げ込むストレートとキレのあるスライダーが武器である。

変化球はスライダーやカーブ、チェンジアップ、スプリットで投球を組み立てる。

U-18日本代表でも世界の舞台で登板し、見事なピッチングを披露した。

即戦力としても十分に通用するだけの力はある。

 

 

ドラフト2位 紅林 弘太郎 駿河総合高校

186cm 81kg 右投げ右打ち 遊撃手

身体能力とインコースの球への対応力が高い大型遊撃手。

高校通算40発と飛ばす力もあり、守備面でも成長力を感じることが出来る。

走攻守のバランスが良い選手なので、しっかり育てることが出来れば遊撃手のレギュラーは安泰であろう程の可能性を秘めている。

 

 

ドラフト3位 村西 良太 近畿大学

174cm 72kg 右投げ左打ち 投手 最速152km/h

威力のあるストレートと鋭く落ちるスプリットで相手打者を打ち取る右腕。

セットポジションから、ややサイドスローに近いスリークォーターの腕の振りで投げ込んでくる。

変化球はスライダーやスプリット、カーブとやや少ない。

奪三振能力が高い投手なので、中継ぎ投手として大事な場面で起用される投手になるだろう。

 

 

ドラフト4位 前 佑囲斗 津田学園高校

182cm 89kg 右投げ右打ち 投手 最速152km/h

球持ちが良く、相手打者に球速以上に見せることが出来る本格派右腕。

ノーワインドアップからクロスステップで、コントロール良く投げ込んでくる。

変化球はスライダーやカーブ、フォーク、カットボール、ツーシーム、チェンジアップと多彩な変化球で投球を組み立てる。

ストレートで緩急をつける事が出来るのも魅力的な投手であり、今年の夏の甲子園で一気に注目度が上がった投手の1人である。

 

 

ドラフト5位 勝俣 翔貴 国際武道大学

180cm 80kg 右投げ左打ち 三塁手

高校時代から活躍し、注目を集めていた選手の1人。

自慢のバットコントロールとスイングスピードで広角に長打を放つことが出来るのが魅力的である。

リストの柔らかく、変化球への対応力も高い。

指名は下位指名だが、即戦力として十分に活躍が期待できる選手である。

 

 

育成ドラフト1位 佐藤 一磨 横浜隼人高校

育成ドラフト2位 谷岡 楓太 武田高校

育成ドラフト3位 中田 惟斗 大阪桐蔭高校

育成ドラフト4位 平野 大和 日章学園高校

育成ドラフト5位 鶴見 凌也 常磐大学高校

育成ドラフト6位 大下 誠一郎 白鴎大学

育成ドラフト7位 佐藤 優悟 仙台大学

育成ドラフト8位 松山 真之 富山GRNサンダーバーズ

 

個人的評価  

即戦力先発候補の宮城を筆頭に投手3人、内野手2人の指名となった。

その中でも、4位の前と5位の勝俣を獲得できたのが非常に大きな部分であると思う。

支配下指名した選手全員が即戦力or1年目から1軍で活躍することが出来る可能性がある選手なので、来シーズンの起用法が楽しみである。

 

ブログ内の 広 告 にて応援していただけると、非常に嬉しいです。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地