2019年 プロ野球ドラフト会議 結果考察 ~福岡ソフトバンクホークス~

スポンサーリンク
プロ野球情報

2019年10月17日に開催された「プロ野球ドラフト会議2019」のチーム別の結果考察と起用方法などについて考えて行きたいと思います。  

(育成選手は紹介のみにさせていただきます)

 

福岡ソフトバンクホークス

ドラフト1位 佐藤 直樹  JR西日本

177cm 78kg 右投げ右打ち 外野手

走攻守三拍子揃った即戦力外野手。

以前までは球へのコンタクトが課題であったが、今年になって打撃フォームを修正すると格段に成長した。

都市対抗野球では優秀選手賞受賞するなどの実績もあり、即戦力野手として期待される。

 

 

ドラフト2位 海野 隆司  東海大学

174cm 76kg 右投げ右打ち 外野手

今年のドラフト候補生の中でNo.1捕手と言える選手。

大学3年生の時から、大学日本代表の正捕手を任される。

 素早く正確無比な二塁送球は1.8秒台で冷静沈着なリードも兼ね備えている。

ワンバン処理の技術もハイレベルであり、守備ならすぐに一軍で通用するレベルの選手である。

 

 

ドラフト3位 津森 宥紀  東北福祉大学

177cm 80kg 右投げ右打ち 投手 最速149km/h

セットポジションから上体を前に倒し、重心を下げる事で着地早めに肘を柔らかく使った腕の振りからキレのある球で三振を奪うサイドスロー投手。

変化球はスライダーとシンカーだが、ストレートは浮かび上がってシュートするのも1つの持ち味である。

元々リリーフでの起用がメインだったので、プロでもリリーフとしての活躍が期待される。

 

 

ドラフト4位 小林 珠維 東海大学付属札幌高校    

183cm 86kg 右投げ右打ち 内野手(おそらく一塁手)

高校通産30本塁打の大型内野手

投手ではなく野手での指名。

しかも練習試合で数回しか守ったことのない内野での指名は意外であった。

もともとポテンシャルは秘めている選手なので、今後どの様に成長するのか楽しみである。

 

 

ドラフト5位 柳町 達  慶應義塾大学

180cm 75kg 右投げ左打ち 外野手

振り切るスイングで、左右に打ち分けるバットコントロールが魅力的な左打者。

東京六大学野球の中でも屈指の安打製造機としてチームに貢献した。

走攻守のバランスがとても良く、プロの球に慣れれば直ぐにでも活躍が期待される選手である。

 

 

育成ドラフト1位 石塚 綜一郎   黒沢尻工業高校

育成ドラフト2位 大関 友久   仙台大学

育成ドラフト3位 伊藤 大将   八戸学院光星高校

育成ドラフト4位 勝連 大稀   興南高校

育成ドラフト5位 舟越 秀虎   城北高校

育成ドラフト6位 荒木 翔太   千原台高校

育成ドラフト7位 村上 舜   山形中央高校

個人的評価

石川の重複くじには外れたが、即戦力候補の佐藤を獲得した。

選手層は厚いソフトバンクだが、年齢層が高めなので早くから1軍でも活躍が期待できる選手の獲得は良い事だと思う。

2位では海野を指名することに成功し、甲斐や高谷の負担を軽減する事も期待される。

育成選手が成長して活躍するソフトバンクだけに、今年も多くの育成選手を獲得した。

くじ引きは外したが、即戦力候補と育成枠を上手に獲得できたと思う。

 

ブログ内のバナー応援していただけると、非常に嬉しいです。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地