2019年 プロ野球ドラフト会議 結果考察 ~埼玉西武ライオンズ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

2019年10月17日に開催された「プロ野球ドラフト会議2019」のチーム別の結果考察と起用方法などについて考えて行きたいと思います。  

(育成選手は紹介のみにさせていただきます)

 

埼玉西武ライオンズ

ドラフト1位 宮川 哲  東芝

177cm 80kg 右投げ右打ち 投手 最速154km/h

セットポジションからグラブを前に出し、前傾姿勢で重心を下げて着地を早めることにより角度をつけて投げ込んでくる速球型右腕。

社会人チームに所属してから、球の威力が全体的にスケールアップした。

変化球は、スライダーやカーブ、カットボール、フォークの4種類をストレートに織り交ぜながら投球を組み立てて三振を奪う。

立ち上がりと長いイニング投げると不安定になる傾向があるので、修正していきたい。

 

 

ドラフト2位 浜屋 将太  三菱日立パワーシステムズ

175cm 77kg 左投げ左打ち 投手 最速148km/h

セットポジションから重心を下げ、インステップし、肘を柔らかく使った腕の振りで投げ込んでくるスリークォーター左腕。

右打者のインコースに投げ込んでくるクロスファイヤーと切れ味抜群のスライダーのコンビネーションで投球を組み立てる。

変化球は、スライダーやカーブ、チェンジアップ。

リリーフでの登板起用が多かったが、今年に入ってから先発としても活躍。

どちらの起用法でも柔軟にこなせるのが高評価。

 

 

ドラフト3位 松岡 洸希  埼玉武蔵ヒートベアーズ

179cm 83kg 右投げ右打ち 投手 最速147km/h

振りかぶって体を捻る事で重心を下げ、深めのテイクバックから右肘を柔らかく使った腕の振りで投げ込んでくるサイドハンド右腕。

高校時代は、投手と野手の二刀流でプレーしていたが、独立リーグに所属後に本格的に投手へコンバートした。

変化球は、スライダーやカーブ、フォーク、カットボール、ツーシームと多彩に投げる事が出来る。

プロとの交流戦でも登板して、きっちりと結果を残したのも高評価。

 

 

ドラフト4位 川野 涼多 九州学院高校

178cm 70kg 右投げ両打ち 遊撃手

高校通算21発で左右に打ち返す能力を持っている走攻守3拍子揃った内野手。

左右両打席で本塁打を放つ事が出来るのも魅力的。

守備範囲は同世代の中ではトップクラスの持ち主。

ミート力と選球眼に長けているため、リードオフマンとして期待が寄せられる。

 

 

ドラフト5位 柘植 世那  Honda鈴鹿

174cm 83kg 右投げ右打ち 捕手

二塁到達1.9秒前後の強肩が持ち味の捕手。

守備力や強気なリード面だけではなく、キャッチングの良さにも定評がある。

高校時代は甲子園、社会人時代は都市対抗に出場している経験豊富な選手である。

 

 

ドラフト6位 井上 広輝   日本大学第三高校

181cm 81kg 右投げ右打ち 投手 最速152km/h

ノーワインドアップの綺麗なフォームから重心を下げ、クロス気味に着地し、肘を柔らかく使った腕の振りで投げ込む本格派右腕。

変化球は、2種類のスライダーやチェンジアップ、シンカーだが、投球の組み立てはストレートと2種類のスライダー、チェンジアップとなる。

高校BIG4(佐々木、奥川、及川、西)に次ぐ選手と言われるほど完成度とポテンシャルは高い。

制球や調子の波、怪我しやすさが課題となるが、克服できればローテーションを任せる事が出来るだけのものは秘めている。

 

 

ドラフト7位 上間 永遠   徳島インディゴソックス

178cm 78kg 右投げ右打ち 投手 最速148km/h

ノーワインドアップで左足を軸足に絡めて重心を下げ、クロスしながら肘を柔らかく使った腕の振りから投げ込む右腕。

変化球は、スライダーやカーブ、カットボール、フォークで投球を組み立てる。

高校卒業後に独立リーグに所属1年目で最優秀防御率を獲得した。

ポテンシャルは高いので、1年目から活躍に期待が寄せられる。

 

 

ドラフト8位 岸 潤一郎   徳島インディゴソックス

174cm 78kg 右投げ右打ち 遊撃手・外野手

明徳義塾高校では、投手として甲子園に4度出場を果たしたエースであり、明徳史上最高の二刀流と言われた選手である。

大学に進学するも、度重なる怪我と手術で思うような結果が残せずに退学して独立リーグへ。

1年目から外野手として試合に出場すると、盗塁王とベストナインを獲得する。

翌年には、遊撃手として試合に出場するなどユーティリティープレイヤーとして評価がある。

打撃面でも高校時代の良さが更に成長しているので、遠回りして勝ち取ったプロの世界で活躍に期待したい。

 

 

育成ドラフト1位 出井 敏博   神奈川大学

 

  個人的評価

重複指名で佐々木を外すも、次に指名した即戦力右腕の宮川を抽選で引く事が出来たのは大きい。

経験豊富な社会人や独立リーグをベースに、浜屋と松岡の即戦力候補リリーバーもしっかり獲得したので、チームの弱点をしっかりと補う事が出来た。

即戦力候補と将来性の両面をバランス良く行えたドラフトだったと考える。

 

ブログ内のバナー応援していただけると、非常に嬉しいです。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地