2019年 プロ野球ドラフト会議 結果考察 ~東京ヤクルトスワローズ~

スポンサーリンク
プロ野球情報

2019年10月17日に開催された「プロ野球ドラフト会議2019」のチーム別の結果考察と起用方法などについて考えて行きたいと思います。

(育成選手は紹介のみにさせていただきます)  

 

東京ヤクルトスワローズ

 

ドラフト1位 奥川 恭伸  星稜高校

183cm 84kg 右投げ右打ち 投手 最速158km/h

今年のドラフト会議の中で最も注目を集めた選手。

ノーワインドアップモーションから足をクロスさせて投げ込む本格派右腕。

ノビのあるストレートとキレのある変化球は数年に1人の逸材レベルである。

変化球は、スライダーやフォーク、カーブ、チェンジアップとなるが、甲子園での組み立ては基本的にストレートとスライダーが軸であった。

U-18日本代表のカナダ戦では、7回を投げて18奪三振と圧巻のピッチングを披露した。

 

 

ドラフト2位 吉田 大喜  日本体育大学

175cm 77kg 右投げ右打ち 投手 最速151km/h

先発・中継ぎのどちらもこなす事の出来る本格派右腕。

ノーワインドアップモーションからインステップして投げ込む威力のあるストレートが武器である。

変化球は、スライダーやカーブ、スプリットで投球を組み立てる。

制球力も高いので、大事な場面での中継ぎとして期待が寄せられる投手である。

 

 

ドラフト3位 杉山 晃基  創価大学

180cm 88kg 右投げ右打ち 投手 最速154km/h

質の高いストレートが武器の本格派右腕。

ノーワインドアップモーションからインステップして投げ込む威力のあるストレートが武器である。

変化球は、スライダーやカーブ、フォーク、ツーシームで投球を組み立てる。

ストレートと変化球の精度に関しては差があるので、全体的にまとまってくるようであれば、大事な場面での起用もされるだろう。

 

 

ドラフト4位 大西 広樹 大阪商業大学

176cm 80kg 右投げ右打ち 投手 最速148km/h

セットポジションからインステップで投げ込んでくる本格派右腕。

高いレベルの試合を構成する能力と修正力を兼ね備えている

今年の春にオリックスと阪神の2軍相手に堂々としたピッチングで結果を残した。

変化球は、スライダーやフォーク、スプリット、ナックルで投球を組み立てる。

 

 

ドラフト5位 長岡 秀樹  八千代松陰高校

176cm 80kg 右投げ左打ち 遊撃手

広角に打ち分けるシュアなバッティングと抜群の守備力が魅力的な内野手。

打撃に関しては、パワーアップしたがまだまだ実力的には足りない印象。

守備に関しては、深めのポジションに守るのが特徴的である。

全体的にスケールアップが必要な選手ではあるが、好素材な選手である。

 

 

ドラフト6位 武岡 龍世   八戸学院光星高校

177cm 77kg 右投げ左打ち 遊撃手

この順位で指名されるのが不思議なぐらいの選手である。

走攻守に安定したバランスが取れている選手。

バッティングに関しては内角が弱いので、その点を克服できれば長く活躍できる選手に成長するだろう。

 

 

  個人的評価  

今年のドラフト会議の注目選手である奥川を獲得できたので、その後も順調に思い通りの指名が出来たのではないかと思う。

2位の吉田も即戦力として十分に活躍が期待される。

大学生投手3人、高校生投手1人、高校生内野手2人と将来性を見据えたドラフト会議であった。

 

ブログ内の 広 告 にて応援していただけると、非常に嬉しいです。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地