2019年 プロ野球ドラフト会議 結果考察 ~阪神タイガース~

スポンサーリンク
プロ野球情報

2019年10月17日に開催された「プロ野球ドラフト会議2019」のチーム別の結果考察と起用方法などについて考えて行きたいと思います。 (育成選手は紹介のみにさせていただきます)  

 

阪神タイガース

ドラフト1位  西 純矢 創志学園高校

184cm 85kg 右投げ右打ち 投手 最速154km/h

高校BIG4の1人。

ワインドアップモーションから重心を下げ、インステップして、肘を柔らかく使った腕の振りから投げ込まれるストレートには勢いがある本格派右腕。

変化球はスライダーやカーブ、フォーク、チェンジアップとなるが、特にスライダーのキレに関しては一級品である。

今年のドラフトの中でも最上位選手と言っても遜色無いレベルなので、即戦力として活躍できるだろう。

同じチームに所属することとなった西勇輝投手は、遠い親戚に当たる。

 

 

ドラフト2位 井上 広大  履正社高校

187cm 94kg 右投げ右打ち 投手 外野手

高校通算49発の強肩強打のスラッガー。

インコースに若干の苦手意識はありそうだが、外角の球は外国人選手の様に腕が伸びてくる。

バットに当たったときのインパクトが強く、鋭い打球を飛ばす。

足の怪我等の不安はあるが、成長すれば主軸を任せられる選手になるだろう。

 

 

ドラフト3位 及川 雅貴  横浜高校

183cm 74kg 左投げ左打ち 投手 最速153km/h

高校BIG4の1人。

ワインドアップモーションから前傾しつつ重心を下げ、肘を柔らかく使った腕の振りから投げ込まれるストレートとスライダーにはキレがある左腕。

変化球はスライダーやカーブ、チェンジアップで、スライダーに関しては一級品である。

及川の一番の特徴は、ストレートと変化球の見極めが難しいところである。

ストレートと変化球の投球フォームをほぼ同じにするのは並大抵の努力では出来ないレベルである。

 

 

ドラフト4位 遠藤 成 東海大学付属相模高校

178cm 76kg 右投げ左打ち 遊撃手・三塁手

高校通算45発の力強いスイングで打球を飛ばす左のスラッガー。

2019年の夏の神奈川県大会決勝では、横浜スタジアムのバックスクリーンに本塁打を叩き込む力を見せている。

阪神は昨年のドラフト会議で、木浪選手を獲得して即戦力の働きをしたので、手薄な三塁手として大きな期待がかかる。

 

 

ドラフト5位 藤田 健斗  中京学院大学附属中京高校

173cm 73kg 右投げ右打ち 捕手

打っては高校通算20発超、投げては二塁送球最速タイム1.79秒の強肩強打の捕手。

二塁送球技術とインサイドワークにも定評があり、打撃面でも長打よりも基本はシュアな打撃で結果を残す。

 

 

ドラフト6位 小川 一平   東海大学九州キャンパス

182cm 80kg 右投げ右打ち 投手 最速149km/h

ワインドアップモーションから重心を落として、大きなテイクバックから肘を柔らかく使って投げ込む右腕。

変化球はスライダーやカットボール、チェンジアップで回転数の高いストレートとの組み合わせで投球を組み立てる。

コントロールに不安があるが、修正できればリリーフとして期待が持たれる。

 

 

育成ドラフト1位 小野寺 暖 大阪商業大学

育成ドラフト2位 奥山 皓太 静岡大学

 

個人的評価

重複で奥川を外すも、高校BIG4の1人である西を獲得。

その後もドラフト5位までは甲子園で活躍した選手で固めるなど、今までのドラフトとは異なる傾向となった。

メンバーを見ると、左右の高校BIG4、左右のスラッガー候補、強肩の捕手とバランス良く高校生を獲得できたので、成長次第では大成功になるだろう。

 

ブログ内のバナー応援していただけると、非常に嬉しいです。

スポンサーリンク


プロ野球情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地