競馬初心者必見!競馬観戦で覚えておきたい4項目

競馬
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。

競馬が好きな自分は東京競馬場で開催される場合は

現地参戦してレースを見ることが多いです

そんな自分が最近思う事は

「家族連れや初めて競馬を見る人が増えたな」

って事です。

今回の記事では東京競馬場限定となってしまいますが

家族連れや初めての方でも楽しむ事が出来る

・様々なお役立ち情報

・競馬の観戦方法

・注意したいレース

以上の3点を中心にまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

東京競馬場とは

東京都府中市にある国内最大の広さを誇る競馬場です

入場門は4か所存在し「正門」「西門」「東門」「南門」となっております

当日のレース次第では、目当てのポジションで楽しむために入場門選びも重要となります(後ほど説明します)

開門時間は基本的には9:00になっておりますが

G1などの大きなレースが開催される日には深夜~早朝にかけて長蛇の列が形成される場合がありますので

開門時間は当日にアナウンスされます

早い時には7:30前後に開門もあります

東京競馬場の全体マップは以下の通りです

正門

スタンド席上段やパドック最前線を狙いたい人にお勧めの入場口となります

西門

自分がメインで使用している入場口です

芝コース沿い最前列を狙う場合やゴール前の席を狙いたい人にお勧めの入場口です

府中本町駅からの連結通路があり

壁には名馬の写真などが飾られてますので

ゆっくりと行く場合には見ながら競馬場に向かうのもお勧めです

東門

東京競馬場の第4コーナーに一番近い入場口です

第4コーナーには芝生があり

レジャーシートを敷いて観戦するにはベストなポジションとなっております

自分もレジャーシートを持参した日には

芝生で寝転がっている事もあります

小さいお子様がいる家族には

近くにアスレチックもあるのでお勧めです

南門

競馬ファンの中でもほとんど使用されているイメージが無い入場口です

メインスタンドから一番遠い入場門となっておりますので

座席等でレースを観戦したい人にはお勧めできない入場口となっております

 

競馬場内施設

東京競馬場には小さいお子様にも満足してもらえるようなアスレチックや数多くの飲食店があります

その他にもお昼休みにはヒーローショーやグルメフェスなど様々なイベントが行われています

スター☆トゥインクルプリキュアショー

こちらは東京競馬場で行われたスター☆トゥインクルプリキュアのショーです

ご覧の通り多くのお子様が楽しんでいます

開催日程やイベントの内容は時々で違いますので

詳細はJRAのホームページにて確認してみてください

個人的に好きな場所は

レースを終えた馬や騎手が間近で見る事の出来る「ホースプレビュー」です

こちらも人気の場所となっておりますが

1度行ってみるのをお勧めします

お勧めの観戦方法

大きなレースが少ない土曜日の開催は

比較的空いる為、初心者の方や小さいお子様連れにはお勧めです

そんな空いている日にお勧めしたい場所は・・・・4コーナー付近の芝生です

レジャーシートを敷いてピクニック気分で楽しむ事が出来ます

ウイナーズサークル付近も混むことが少ないので、勝利騎手からサインが貰えるかもしれません

その際には、書いて欲しい物とペンはお忘れないようにして下さい

場内をフラフラと散歩しながらパドックで周回する馬を見てみたり

様々な出店しているご飯屋さんがあるので食べ歩き

様々な位置からレースを観戦するのも良いかもしれません

色々と試して是非とも自分の楽しみ方を探してみて下さい

注意したいレース

東京競馬場では年に8回G1と呼ばれるレースが開催されます

開催日には朝から多くの人が訪れ

レース直前となると身動きが取れない状況になる事がほとんどです

5段階評価で★が多い程混雑すると思ってください

それではレースごとに紹介していきたいと思います

フェブラリーステークス ★★☆☆☆

日本で行われる最初のG1レース

2月に開催されるダートのレースとなります

東京競馬場が広い事と寒い2月に開催されるので

身動きが取れないって程の混雑具合ではありません

 

NHKマイルカップ ★★★☆☆

春の東京競馬場G1開幕を告げる最初のレース

牡馬の中でもクラシック路線を回避した3歳馬によるマイル(1600m)戦です

3歳なら牝馬も参戦できます

3歳牡馬と言えば「クラシック路線」なので

混雑はしますが身動きが取れない程ではありません

 

ヴィクトリアマイル ★★★☆☆

4歳以上の古馬による牝馬限定戦

牝馬限定戦で東京競馬場が広いので身動きが取れない程ではありません

牝馬が好きなので、個人的には好きなレースの1つです

 

優駿牝馬(オークス) ★★★★☆

牝馬クラシックの2冠目

牝馬にとっては一生に一度の晴れ舞台の1つ

同じく春開催となる上2つに比べれば混んでる印象です

 

東京優駿(日本ダービー) ★★★★★

現地に観に行くのであるならば、それ相応の覚悟がいるレースです

3歳牡馬のクラシックレース2つ目

最低でも10万人は東京競馬場に押し寄せることになります

場所を取って観戦したい人は

遅くとも5:30ぐらいには東京競馬場の待機列に並んで、開門ダッシュする必要性があります

身動きが取れない所ではないので、小さいお子様連れにはお勧めできません

 

安田記念 ★★★☆☆

春のG1開催ラストのレース

出走する馬にもよりますが、混み具合はNHKやヴィクトリアマイルと同じぐらいです

毎年現地観戦に行っている好きなレースです

 

天皇賞(秋) ★★★★★

伝統あるレースの1つ

10万人近い人が押し寄せるレースとなっております

ダービー同様に場所を取って観戦するな最低でも5:30には並びたいところ

 

ジャパンカップ ★★★★★

東京競馬場で行われるG1最後の1戦

天皇賞(秋)と同様の混雑となります

 

まとめ

最近では女性の方や小さいお子様を連れた家族が多く見受けられるようになりました

お子様には嬉しいヒーローショーやアスレチック等もあり

競馬をしなくても1日十分に楽しめるレジャースポットに進化しています

初めて競馬場に行かれる方は大きなレースの開催日ではなく、空いている時に足を運んでみるのがお勧めです

そこで自分が観戦したい場所やルート等を見極めてからG1レースに参加することをお勧めします

開門ダッシュは、体験してみると・・・・恐怖です

参加される際には、怪我には十分に気を付けて競馬を楽しみましょう

次回はG1レースに参加する為に必要な準備や流れについて

自分が行っている事もふまえて執筆していきたいと思います。

皆様の参考になればと思いブログを書いております。
今後の励みとして、ブログランキングやはてなブックマークにも協力して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク


競馬
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ