データ7割、調教3割の日曜競馬メイン予想~クイーンステークス~

スポンサーリンク
競馬予想

ブログとYouTubeの両方で予想を公開していきたいと思います。

YouTube
毎週金曜日に更新(印と買い目あり)

ブログ
前日の馬場状態と調教過程をふまえて、印を付けた馬の再確認

2019年7月7日の七夕賞からYouTubeで予想配信
◎、〇-▲、△の4点ワイドフォーメーション勝負

通算回収率(分かり易く100円換算にします)
投資1600円(4レース)
回収5590円
回収率350%

今回の予想動画はこちらです

【データから紐解く競馬予想】2019年 クイーンステークス

の印は以下の通りとなります。

◎ 1枠1番 サトノガーネット

最終追い切りは函館Wで55.7-39.5-12.5の仕上がり。

2000m以上で2連勝してから望む1戦。

1800mでも2-2-1-3と確かな結果を残しているので、距離短縮は問題ないだろう。

この馬は、全レース右回りで起用されており、4-2-1-5と安定した成績を残している。

引き続きルメール騎手が騎乗するのも好条件。

ルメール騎手はこのコースで連帯率50%を超えているので、軸候補の1頭で問題は無いだろう。

 

〇 4枠5番 メイショウショウブ

最終追い切りは札幌芝64.5-50.1-36.1-11.8での仕上がり。

今回の中では唯一の3歳馬。

前走のオークスでは17着と大敗したが、この馬にとって2400mは長すぎた。

今回は大幅な距離短縮で望む1戦。

過去に1800mの経験は無いが、1600mでの実績は0-2-2-2と勝ち星は無いが結果はしっかりと残している。

初めての古馬相手に不安はあるが、斤量が51kgなのはとても魅力的である。

 

 

▲ 3枠3番 フロンテアクイーン

最終追い切りは札幌芝64.5-50.1-36.1-11.8での仕上がり。

昨年の同レースの2着馬。

前走のヴィクトリアマイルでは15着と大敗したが、堅実な走りをすることの出来る馬なので、大崩れする事はほとんど考えなくても良いだろう。

距離適正も3-4-1-1と信頼して良い結果を残している。

2走前から三浦騎手が騎乗して望む3戦目。

馬の特徴もわかってきたと思うので、昨年のリベンジを期待したい。

 

△ 8枠14番 カリビアンゴールド

最終追い切りは札幌芝79.2-63.5-49.6-35.8-11.5での仕上がり。

前走の五稜郭Sでは、人気上位のサトノガーネットにタイム差無しの2着と好走。

1800mも勝ち星こそ無いが、北海道での競馬は過去1-3-1-0と抜群の安定感を残している。

昨年の北海道では、3走して1-1-1-0

敗れた相手は、レイエンダとマイスタイルと考えると、十分な実力はある馬である。

堅実に走ることが出来るので、好走に期待したい。

 

~馬券の買い目~

自分の馬券の購入方法は◎、〇-▲、△の4点ワイドフォーメーションが基本ベースです。

前走の結果やブログとは違う馬選びのポイントは動画をご覧ください。

チャンネル登録していただけると、非常に嬉しいですのでよろしくお願い致します。

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地