ワイドで狙う!穴馬馬券有力馬紹介Part2~中山金杯~

スポンサーリンク
競馬予想

週末に行われる中央競馬のメインレースを1つ選び、出走予定の有力馬や個人的に狙ってみたい馬の情報を毎週火曜、木曜にピックアップして紹介していきます。

今回は、2020年1月5日に中山競馬場で行われる「日刊スポ賞中山金杯」の狙ってみたい馬の情報を整理していきます。

 

人気有力候補については、こちらをご覧ください。

 

 

ワイドで狙う!穴馬馬券有力馬紹介Part1~中山金杯~

 

 

狙ってみたい馬3頭の紹介

 

ザダル (牡4歳) O.マーフィー騎手 55.0kg
父:トーセンラー
母:シーザシー

前走の菊花賞(GⅠ)では13着に惨敗したが、この馬にとっては距離は長すぎた印象である。

 

好材料

  • 右回りの成績が2-0-1-2だが、中山競馬場に絞り込むと2-0-1-0となる。
  • 斤量も55kgと他馬に比べると恵まれている。
  • 鞍上にマーフィー騎手を起用することが出来たのは、鞍上強化としては申し分ない。

 

不安材料

  • 初めての古馬相手で、どこまで通用するか未知数。

 

タニノフランケル (牡5歳) 石橋騎手 55.0kg
父:Frankel
母:Vodka

前走の中日新聞杯(GⅢ)では、14着と結果を残せなかったが、結果を残せていない左回りで勝ち馬と1秒差であった。

 

好材料

  • 右回りの成績が4-1-2-7で、中山競馬場に絞り込むと0-0-2-1となる。
  • 昨年の同レースは、斤量が53kgと恵まれていた影響もあり、3着と好走した。

 

不安材料

  • 2019年の小倉大賞典以降は、右回りで大崩れしてはいないが、結果を残せていない。

 

マイネルサーパス (牡4歳) 丹内騎手 55.0kg
父:アイルハヴアナザー
母:マイネアクティース

前走の中日新聞杯(GⅢ)では7着と結果を残す事が出来なかったが、2019年の馬券外は全て左回りでのレースとなっている。

 

好材料

  • 右回りの成績が2-1-1-1で、斤量的に恵まれていたが、古馬相手にしっかりと結果を残せている。
  • 中3週で出走したレースでは3-0-0-0となっている。

 

不安材料

  • 55kg以上で出走したレースでの成績がイマイチである。

 

次回は、枠が決まってから予想を執筆していきたいと思います。

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

ブログ内の広 告をクリックしていただけると、今後の励みになりますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地