ワイドで狙う!穴馬馬券~アメリカジョッキークラブカップ~

スポンサーリンク
競馬予想

データを基に毎週メインレースの予想を行っていきます。

買い目に関しては、

◎、▲-〇、△の4点ワイドフォーメーション

の特殊な買い目で、年間通しての100%越えを目標に行っていきます。

今回は2020年1月26日に中山競馬場で行われる

アメリカジョッキークラブカップ

の予想をしていきたいと思います。

推奨理由に関しましては、下記のリンクの記事も参考にしてください。

 

 

 

 

 

前回の予想結果&回収率報告

2020.01.19 京成杯

◎ヒュッゲ
⇒10着
〇クリスタルブラック
⇒1着
▲ゼノヴァース
⇒9着
△ロールオブサンダー
⇒7着

年間回収率(3レース)
投資12,000円
回収0円
回収率0%

 

今回の印予想は、以下の通りとなります。

 

ミッキースワロー (牡6歳) 横山典騎手 56.0kg (3枠3番)

2018年の同レースでも2着に好走している。

コンビを組んで調子の良かった菊沢騎手から再び横山騎手に乗り替わりになるが、2年前に好走したのはこのコンビなので、今回も期待したい。

GⅠでは結果を残せていないが、GⅡまでならしっかりと結果を残す事が出来ている。

中山競馬場2,200mは4戦して2-2-0-0と連帯率100%の結果を残している点でも、安心して本命馬として推す事が出来る点である。

 

 

ラストドラフト (牡4歳) O.マーフィー騎手 55.0kg (2枠2番)

前走は、古馬相手に2着と好走できたのは好材料である。

1Fの延長となるが、走りを見る限りでは距離は大丈夫だろう。

前走に引き続きマーフィー騎手が騎乗するので、同様に中団から直線勝負に持ち込むのかスタートは上手な馬なので、内枠を活かして逃げる可能性も十分にあり得る。

 

 

ウラヌスチャーム (牝5歳) F.ミナリク騎手 54.0kg (1枠1番)

中山競馬場の成績は1-3-0-0と連対率100%と相性が良く、1月~3月の成績は1-3-0-2と他の時期に比べて結果を残している点でも高評価したい。

ミナリク騎手とは、昨年の府中牝馬ステークスでコンビを組んで2着に好走した。

近走は、結果を残せていないが、得意な中山競馬場で得意としている時期なので、結果を期待したい。

 

 

グローブシアター (牡6歳) 石橋騎手 56.0kg (6枠8番)

穴馬候補の紹介では、紹介する事の出来なかった1頭。

前走は、昨年のダイヤモンドステークスなので約1年振りのレースとなる。

以前までなら間隔が空いているので即切りも可能だったが、近年では外厩も進化しており、久し振りでも激走する馬もいる。

昨年の勝ち馬は、有馬記念に出走後に休養し、1年2か月振りのレースで勝った故シャケトラである。

そして、シャケトラ同様に角居厩舎のグローブシアターは、キングカメハメハ×シーザリオの超良血場である。

中山競馬場での成績は3歳の時の3戦のみだが、右回りの結果は5-0-3-4と相性は良いので、久し振りのレースでどこまで力を出す事が出来るかである。

 

 

以上が今回のレースの予想となります。

 

~おまけの単複勝負~

東海テレビ杯東海ステークス本命馬予想

ヴェンジェンス (牡7歳) 幸騎手 56.0kg (8枠15番)

 

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

ブログ内の広 告をクリックしていただけると、今後の励みになりますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地