ワイドで狙う!穴馬馬券有力馬紹介Part1~アメリカジョッキークラブカップ~

スポンサーリンク
競馬予想

週末に行われる中央競馬のメインレースを1つ選び、出走予定の有力馬や個人的に狙ってみたい馬の情報を毎週火曜、木曜にピックアップして紹介していきます。

今回は、2020年1月26日に中山競馬場で行われる「アメリカジョッキークラブカップ」の有力馬の情報を整理していきます。

 

 

ブラストワンピース (牡5歳) 川田騎手 57.0kg
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース

前走は凱旋門賞に挑戦し、馬場の影響もあってか11着と不本意な結果から望む1戦となる。

 

好材料

  • 中山競馬場の経験は2018年の有馬記念のみだが、勝利している。
  • 札幌記念、凱旋門賞に引き続き鞍上は川田騎手とのコンビとなる。

不安材料

  • 凱旋門帰りで、2020年の始動レースとなる中でどこまで動くことが出来るか。

 

ミッキースワロー (牡6歳) 横山典騎手 56.0kg
父:トーセンホマレボシ
母:マドレボニータ

2019年の出走レースは1-2-1-1と安定した結果を残して2020年の始動レースとなる1戦。

 

好材料

  • 2018年の同レースでは2着に好走している。
  • GⅠレースでは、なかなか結果を残せていないが、GⅡでは堅実な走りを見せているし、中山競馬場2,200mは3戦して1-2-0-0と連帯率100%の結果を残している。(未勝利戦含むと2-2-0-0)

不安材料

  • 昨年乗り替わりで相性の良さを見せた菊沢騎手から再び横山典騎手に戻って結果を残せるか。

 

スティッフェリオ (牡6歳) 丸山騎手 57.0kg
父:ステイゴールド
母:シリアスアティテュード

2019年の中山競馬場2,200mの産経賞オールカマーは、逃げ切って勝利した。

 

好材料

  • 中山競馬場では3戦行って1-0-0-2だが、掲示板を外してない。
  • GⅡまでなら大きく崩れることなく安定した結果を残しているが、良くも悪くも取る事が出来る。

不安材料

  • 昨年の57kgで出走したレースは、いずれもGⅠなのであまり参考にはならないが、0-0-0-4と掲示板にすら載ることが出来ていない。

 

次回は、狙ってみたい馬について執筆していきたいと思います。

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

ブログ内の広 告をクリックしていただけると、今後の励みになりますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地