ワイドで狙う!穴馬馬券~根岸ステークス~

スポンサーリンク
競馬予想

データを基に毎週メインレースの予想を行っていきます。

買い目に関しては、

◎、▲-〇、△の4点ワイドフォーメーション

の特殊な買い目で、年間通しての100%越えを目標に行っていきます。

今回は2020年2月2日に中山競馬場で行われる

根岸ステークス

の予想をしていきたいと思います。

推奨理由に関しましては、下記のリンクの記事も参考にしてください。

 

 

 

 

前回の予想結果&回収率報告

2020.01.19アメリカジョッキークラブカップ

◎ミッキースワロー
⇒4着
〇ラストドラフト
⇒3着
▲ウラヌスチャーム
⇒7着
△グローブシアター
⇒11着

年間回収率(4レース)
投資16,000円
回収0円
回収率0%

 

今回の印予想は、以下の通りとなります。

 

ミッキーワイルド (牡5歳) M.デムーロ騎手 56.0kg (2枠3番)

今回こちらの馬を本命に推した理由は、東京競馬場の適性がダントツに良い点である。

ダート転向後の東京競馬場の成績は3-2-1-0であり、根岸ステークスと同距離の1,400mに絞ると1-1-1-0となる。

また、東京競馬場に限らずダート1,400mの成績は2-3-1-0と複勝率100%の成績を残している。

今回の鞍上はデムーロ騎手に乗り替わりとなるが、4走前に東京競馬場1,600mにて1度だけコンビを組んで勝利経験がある。

今回の斤量は56.0kgと恵まれているので、重賞初制覇も十分に狙うことが可能であると思う。

 

 

コパノキッキング (セ5歳) O.マーフィー騎手 58.0kg (3枠5番)

昨年の根岸ステークスも、このコンビで勝利している。

昨年も同様に、カペラステークスを勝利して根岸ステークスに挑戦し勝利を収めている。

距離的には昨年の根岸ステークスや地方GⅠのJBCスプリントで対応可能な事は示したが、この馬のベスト距離は一番多く起用されている1,200mなのは間違いないと思う。

前走で58.0kgでもしっかりと走る事が出来るのは証明したが、1F延長した今回は、本来の自分のパフォーマンスを発揮する事が出来る事が可能かどうかである。

本来ならば、本命の最有力候補なのだが、上記の件を考慮して対抗の印にさせて頂きました。

 

 

ブルベアリーデル (牡4歳) 丸山騎手 56.0kg (4枠8番)

東京競馬場のダート成績は、2-1-0-2と相性も良い。

昨年は7レースに出走して掲示板を外していない安定の走りをしている。

稍重から不良馬場び方が結果を残しているデータが出ているが、良馬場でも大きく崩れる様な事は無いと考えている。

3走前の神無月ステークス2着、2走前の銀嶺ステークス1着と同様の走りが出来れば、重賞初勝利も可能性あるだろう。

 

 

ワンダーリーデル (牡7歳) 横山典騎手 57.0kg (2枠4番)

前走のチャンピオンカップは、11着と惨敗の結果になったが、この馬が一番結果を残しているのは、今回の1,400mである(5-0-5-6)。

東京競馬場の結果は3-0-2-6だが、昨年の東京競馬場での結果のみに絞ると2-0-2-2と馬券外の数字も大幅に減少する。
(根岸ステークスとフェブラリーステークス)

昨年の根岸ステークスでも5着に好走しているので、昨年より斤量も1.0kg増の57.0kgとなるが、昨年通しての結果からも十分に好走可能と考えている。

 

 

以上が今回のレースの予想となります。

 

~おまけの単複勝負~

シルクロードステークス本命馬予想

モズスーパーフレア (牝5歳) 松若騎手 56.0kg (2枠3番)

 

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

ブログ内の広 告をクリックしていただけると、今後の励みになりますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地