ワイドで狙う!穴馬馬券有力馬紹介Part2~東京新聞杯~

スポンサーリンク
競馬予想

週末に行われる中央競馬のメインレースを1つ選び、出走予定の有力馬や個人的に狙ってみたい馬の情報を毎週火曜、木曜にピックアップして紹介していきます。

今回は、2020年2月9日に東京競馬場で行われる「東京新聞杯」の狙ってみたい穴馬の情報を整理していきます。

 

 

ケイデンスコール (牡4歳) 石橋騎手 56.0kg
父:ロードカナロア
母:インダクティ

近2走は2桁着順と惨敗の結果だが、NHKマイルカップでは14番人気ながら2着に好走した。

 

好材料

  • 左回りの成績は2-2-0-2と得意にしている。
  • 新潟2歳S1着、NHKマイル2着の時に騎乗した石橋騎手が騎乗する。
  • 左回りでは、上がり3F33秒台の末脚を使うことが出来る。

 

不安材料

  • 近2走が大きく負けすぎている。実力的に足りない可能性もある。

 

シャドウディーヴァ (牝4歳) 岩田騎手 54.0kg
父:ハーツクライ
母:ダイヤモンドディーバ

前走の常総ステークスでは先団で競馬を進めて勝ち切った。

 

好材料

  • 左回り及び東京競馬場では1-3-1-1と安定した結果を残している。
  • 騎乗回数が最も多い岩田騎手に乗り替わるのは好材料。
  • 2年前のリスグラシュー、4年前のスマートレイアーは、エリザベス女王杯で馬券外から勝利している。

 

不安材料

  • 距離短縮でマイルへの初挑戦がどちらの方向に転がるか。

 

 

次回は、印付き予想について執筆していきたいと思います。

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

ブログ内の広 告をクリックしていただけると、今後の励みになりますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地