ワイドで狙う!穴馬馬券有力馬紹介Part1~フェブラリーステークス~

スポンサーリンク
競馬予想

週末に行われる中央競馬のメインレースを1つ選び、出走予定の有力馬や個人的に狙ってみたい馬の情報を毎週火曜、木曜にピックアップして紹介していきます。

今回は、2020年2月23日に東京競馬場で行われる「フェブラリーステークス」の有力馬の情報を整理していきます。

 

 

インティ (牡6歳) 武豊騎手 57.0kg
父:ケイムホーム
母:キティ

昨年のフェブラリーステークスを逃げ切って勝利している連覇を狙う1頭。

 

好材料

  • 昨年もこのレースを勝っている通り、東京競馬場での適正は十分にある。
  • 武騎手が騎乗した中央競馬でのレース結果は5-0-2-0。

 

不安材料

  • 前回のフェブラリーステークスで勝利して以降は、勝ち星から遠ざかっている。

 

アルクトス (牡5歳) 田辺騎手 57.0kg
父:アドマイヤオーラ
母:ホシニイノリヲ

前走のMCS南部杯では、2着に好走。

 

好材料

  • 東京競馬場のダートコースは5-1-0-0と安定した結果を残している。
  • 距離適性も4-1-0-0と連対率100%としっかりと結果を残している得意な距離。

 

不安材料

  • 初めてのGⅠレースであり、実力馬相手にどこまで本来の力を出す事が出来るか。

 

モズアスコット (牡6歳) C.ルメール騎手 57.0kg
父:Frankel
母:India

前走の根岸ステークスでは、初めてのダート挑戦だが差し切ってGⅠ馬の実力を見せつけた。

 

好材料

  • 前走の根岸ステークスで、東京競馬場のダートへの適性をしっかりと証明できた。
  • 引き続き鞍上は、ルメール騎手が騎乗する。

 

不安材料

  • 今回の相手は、前走よりもレベルアップするので、ダート2戦目でどの様なパフォーマンスをする事が出来るか。

 

次回は、狙ってみたい馬について執筆していきたいと思います。

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

ブログ内の広告をクリックしていただけると、今後の励みになりますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地