ワイドで狙う!穴馬馬券有力馬紹介Part1~中山記念~

スポンサーリンク
競馬予想

週末に行われる中央競馬のメインレースを1つ選び、出走予定の有力馬や個人的に狙ってみたい馬の情報を毎週火曜、木曜にピックアップして紹介していきます。

今回は、2020年3月1日に中山競馬場で行われる「中山記念」の有力馬の情報を整理していきます。

 

 

 

ウインブライト (牡6歳) F.ミナリク騎手 58.0kg
父:ステイゴールド
母:サマーエタニティ

言わずと知れた現在の「中山の鬼」と言われるほど、中山競馬場での成績は抜群である。

 

好材料

  • 中山競馬場での成績は5-3-0-2と得意としている。
  • 2018、2019年とこのレースを制覇している。

 

不安材料

  • 松岡騎手負傷の影響で、ミナリク騎手に乗り替わってどうなるか。

 

 

インディチャンプ (牡5歳) 福永騎手 58.0kg
父:ステイゴールド
母:ウィルパワー

現在のマイル路線を引っ張っている1頭であり、2019年はGⅠで2勝した。

 

好材料

  • 右回りの成績は4-1-1-3としっかりと結果を残している。
  • 鞍上も最多騎乗の福永騎手に戻るのもプラスである。

 

不安材料

  • 初めての中山競馬場でのレースで、本来の力を発揮する事が出来るか。

 

 

ダノンキングリー (牡4歳) 横山典騎手 56.0kg
父:ディープインパクト
母:マイグッドネス

昨年のクラシックを盛り上げた注目の4歳馬の1頭で、前走はマイルチャンピオンシップ5着であった。

 

好材料

  • 中山競馬場の成績は1-0-1-0で、1,800mの成績は2-0-0-0となっている。
  • 距離的にもマイルより長い方が力を発揮する事が出来ると思うのでプラスである。

 

不安材料

  • 前走は敗れたが、勝ち馬との斤量差が広がるので、現段階では特に思い当たらない。

 

次回は、狙ってみたい馬について執筆していきたいと思います。

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

ブログ内の広告をクリックしていただけると、今後の励みになりますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地