ワイドで狙う!穴馬馬券有力馬紹介Part1~ 弥生賞 ~

スポンサーリンク
競馬予想

週末に行われる中央競馬のメインレースを1つ選び、出走予定の有力馬や個人的に狙ってみたい馬の情報を毎週火曜、木曜にピックアップして紹介していきます。

今回は、2020年3月8日に中山競馬場で行われる「弥生賞」の有力馬の情報を整理していきます。

 

 

 

ワーケア (牡3歳) C.ルメール騎手 56.0kg
父:ハーツクライ
母:チェリーコレクト

2連勝で挑んだ前走のホープフルステークスでは、3着に好走した。

 

好材料

  • 前走のホープフルステークスは今回の弥生賞と同じ中山2,000mで、きっちりと結果を残している。
  • デビュー戦からルメール騎手が全て騎乗しているのもプラスである。

 

不安材料

  • 現段階では特に考えられない。

 

 

サトノフラッグ (牡3歳) 武騎手 56.0kg
父:ディープインパクト
母:バラダセール

前走は、1勝クラスを余裕で勝ち切って挑む初めての重賞レースとなる。

 

好材料

  • 今回と同じ舞台の中山2,000mの持ち時計が2:01.4と優秀である。
  • 鞍上が武豊騎手に乗り替わりだが、マイナスにならないのが好材料。

 

不安材料

  • 現段階では特に考えられない。

 

 

オーソリティ (牡3歳) ヒューイットソン騎手 56.0kg
父:オルフェーヴル
母:ロザリンド

2連勝で挑んだ前走のホープフルステークスでは、5着に好走した。

 

好材料

  • 同舞台の経験が2回あり、1-0-0-1の結果である。
  • 2,000mでは、メンバー中最速の上がりタイム33.8を記録している。
    (中山2,000m、芙蓉ステークス)

 

不安材料

  • 今回初めて来日するヒューイットソン騎手が、日本競馬でどの様な手綱捌きをするのか未知数である。

 

次回は、狙ってみたい馬について執筆していきたいと思います。

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

ブログ内の広告をクリックしていただけると、今後の励みになりますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地