ワイドで狙う!穴馬馬券有力馬紹介Part1~ 金鯱賞 ~

スポンサーリンク
競馬予想

週末に行われる中央競馬のメインレースを1つ選び、出走予定の有力馬や個人的に狙ってみたい馬の情報を毎週火曜、木曜にピックアップして紹介していきます。

今回は、2020年3月15日に中京競馬場で行われる「金鯱賞」の有力馬の情報を整理していきます。

 

 

 

サートゥルナーリア (牡4歳) C.ルメール騎手 58.0kg
父:ロードカナロア
母:シーザリオ

前走は実力馬の揃った有馬記念で2着に好走した4歳世代のトップホース。

 

好材料

  • 2,000mは3戦して1着2回、6着1回(天皇賞・秋)と結果を残している。
  • レース間隔が中10週以上の場合は、3戦3勝と休み明けで結果を残している。
    (今回は中11週での出走となる)

 

不安材料

  • 今回トップハンデの58.0kgで、初めての中京競馬場でのレースとなる。
    GⅠだったとは言え、左回りでは馬券に絡めていない。

 

 

ロードマイウェイ (牡4歳) 川田騎手 56.0kg
父:ジャスタウェイ
母:フェリス

4連勝で挑戦した前走のチャレンジカップは、鋭い末脚で差し切って重賞初勝利となった。

 

好材料

  • 距離再延長となった前走は、2,000mできっちりと差し切って勝利した。
  • 川田騎手に乗り替わりだが、騎手レベルは問題無い。

 

不安材料

  • 近走では54.0kgで出走しており、55kg以上になると1-1-0-3の結果である。

 

 

ギベオン (牡5歳) 福永騎手 56.0kg
父:ディープインパクト
母:コンテスティッド

前走は中山金杯で10着と、近走ではなかなか結果を残す事が出来ていない。

 

好材料

  • 今回と同じ舞台では2度出走経験があり、1勝している。
    昨年の金鯱賞は6着の結果であった。

 

不安材料

  • 重賞での成績は1-2-0-7と、結果を残せていない。

 

次回は、狙ってみたい馬について執筆していきたいと思います。

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

記事内のスポンサーリンク(広告)とランキングリンクをクリックして応援して頂けると、今後のブログ執筆の励みになります。

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地