ワイドで狙う!穴馬馬券有力馬紹介Part2~ 阪神大賞典 ~

スポンサーリンク
競馬予想

週末に行われる中央競馬のメインレースを1つ選び、出走予定の有力馬や個人的に狙ってみたい馬の情報を毎週火曜、木曜にピックアップして紹介していきます。

今回は、2020年3月22日に阪神競馬場で行われる「阪神大賞典」の狙ってみたい馬の情報を整理していきます。

 

メロディーレーン (牝4歳) 岩田望騎手 53.0kg
父:オルフェーヴル
母:メーヴェ

前走の日経新春杯では、最軽量の49.0kgだったが9着と結果を残す事が出来なかった。

 

好材料

  • 阪神競馬場での成績は2-0-0-3と、この馬の全勝は阪神競馬場である。
  • 3走前の菊花賞では、同年代の牡馬相手に5着と健闘した。
    上がり3Fは全馬最速の35.7のタイムであった。

 

不安材料

  • 軽量ハンデで凡走する事が多いので、今回どちらに転ぶのか未知数である。

 

 

タイセイトレイル (牡5歳) 福永騎手 56.0kg

父:ハーツクライ
母:マザーウェル

前走のダイヤモンドステークスでは5着、2走前の日経新春杯では4着に好走している。

 

好材料

  • 近走ではジャパンカップを除いて、堅実な走りを見せている。
  • 右回りの成績は4-1-4-7としっかりと結果を残している。

 

不安材料

  • 着差以上に勝ち馬とのタイム差が離されているので、実力的にどうなのか。

 

 

トーセンカンビーナ (牡4歳) 藤岡康騎手 55.0kg
父:ディープインパクト
母:カンビーナ

前走は松籟ステークスで勝利するなど、デビューから大きく負けるレースは少ない。

 

好材料

  • 右回りの成績は4-2-0-2、阪神競馬場での成績は2-1-0-2としっかりと結果を残している。
  • ほとんどのレースにおいて、上がり3Fのタイムが出走馬最速の末脚を見せている。

 

不安材料

  • 最長距離は2,400mであり、2F延長に対応する事が出来るか。

 

次回は、について執筆していきたいと思います。

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

記事内のスポンサーリンク(広告)とランキングリンクをクリックして応援して頂けると、今後のブログ執筆の励みになります。

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地