ワイドで狙う!穴馬馬券~ 大阪杯 ~

スポンサーリンク
競馬予想

過去データをベースに毎週メインレースの予想を行っていきます。

買い目に関しては、

◎、▲-〇、△の4点ワイドフォーメーション

の特殊な買い目で、年間通しての100%越えを目標に行っていきます。

今回は2020年4月5日に阪神競馬場で行われる

大阪杯

の予想をしていきたいと思います。

 

前回の予想結果&回収率報告

2020.03.29 高松宮記念

◎グランアレグリア
⇒2着
〇ダイアトニック
⇒3着
▲モズアスコット
⇒13着
△セイウンコウセイ
⇒7着

◎-〇のワイドで8.8倍の的中です!!!

年間回収率(13レース)
投資52,000円
回収32,700円
回収率63%

 

今回の印予想は、以下の通りとなります。

 

ラッキーライラック (牝5歳) M.デムーロ騎手 55.0kg (5枠5番)

 

前走の中山記念は、香港帰り初戦で11kg増の体重で挑んで2着に好走。

斤量も55.0kgであり、牡馬換算で考えると57.0kgなので、勝ったダノンキングリーとの差を考えても問題ない。

1戦叩けたことも好材料である。

右回りの成績は3-3-0-2と相性も抜群であり、阪神競馬場でも2勝している。

唯一心配なのが鞍上のデムーロ騎手が、結果を残す事が出来ていないことであるが、中山記念を見る限りでは手が合ってるような感じもするので、期待したい。

 

 

ワグネリアン (牡5歳) 福永騎手 57.0kg (4枠4番)

 

昨年の同レースで7か月の休養明けの初戦で3着に好走している。

勝ちは2018年の神戸新聞杯以降無いが、大きく崩れる事ない堅実な走りを見せている。

右回りの成績は2-1-1-2と安定しているが、阪神競馬場に絞ると2-0-1-0と複勝率100%である。

鞍上の福永騎手は本日(4/4)に5勝と調子が良い。

ジャパンカップ以来のレースだが、昨年同様のレースを期待したい。

 

 

ロードマイウェイ (牡4歳) 武騎手 57.0kg (1枠1番)

 

前走の金鯱賞では、スタートで出遅れて後方からの競馬を余儀なくされてしまった。

今回は最内枠で、鞍上には武豊騎手。

条件戦では逃げ~先行で勝利してきた馬なだけに、切り替えてくる可能性も十分にあり得る。

右回りでは3-1-0-2で、阪神競馬場でも2勝している。

初めての57.0kgの斤量に不安はあるが、侮る事が出来ない1頭であり、最内枠の逃げ馬に武豊は、要注意!!

 

 

ステイフーリッシュ (牡5歳) 岩田康騎手 57.0kg (6枠7番)

 

前2記事では執筆しなかった最後まで悩んだ1頭。

近2走では先行型で競馬を進めてしっかりと結果を残している。

昨年の大阪杯では13着と結果が出なかったが、スタート直後に挟まれた結果、前につける事が出来なかった事で後方からの競馬を余儀なくされたと考える。

右回りの成績も1-4-5-5と悲観する成績でも無いと考える。

鞍上も前走3着になった時の岩田騎手が騎乗する。

その岩田騎手は本日(4/4)で、大阪杯と同舞台の明石特別で勝利しているのも好材料であり期待したい。

 

 

以上が今回のレースの予想となります。

 

~おまけの単複勝負~

本命馬予想

ルーチェソラーレ (牝5歳) 大野騎手 55.0kg (3枠5番)

 

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

記事内のスポンサーリンク(広告)とランキングリンクをクリックして応援して頂けると、今後のブログ執筆の励みになります。

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地